掲示板の無料開設

コラム更新日記の下書き

コラム更新日記

米中は100年に1度の覇権争いなのでしょうか?

過去の歴史から見ても1世紀毎に、世界を牛耳る国が変わっている。

今はアメリカ
その前はイギリス。
オランダ、ポルトガルという流れ。

次の覇権に、中国が狙ってる事に疑う余地はなく。
アメリカが必死に抵抗してるのは見ての通り。

アメリカはいつか中国の共産主義は崩壊すると予測して、覇権狙うことは無いだろう!と中国に投資をしてきたのに、中国の共産主党はますます勢いを増す。

いい例が香港。
このタイミングで共産に強制的に向けるのはアメリカとの覇権争いに向けての覚悟であり、民主主義そのものへの意思表示では?


その理論が正しいのなら、アメリカは徹底的に共産主義に圧力をかけてくる。

10年間はこの戦いの結末がつかないのでは無いか!

でも、そこに面白い理論を解く人がいる。

過去の歴史から、覇権争いをした1位と2位が覇権とるのではなく、3位の国が覇権を取ってるという理論。

今世界第3位はどこか?
投稿日:2020年08月11日 (火) 07時53分 [no.17021]

ここは執筆者の言いたいことを時々言うページです。調べた総意ではなく、あくまでも個人の一感想です。公式さん温かく見てくださいませ。
ここは業界関係者向けのサイトではございません。業界関係者様は一読をお願いします。

最近の下書きの投稿

下書きの投稿一覧へ

コラム更新日記だけではお届け出来ない私事など、ちょっとしたメモ程度に不定期に執筆していきます。

更新日記につきまして簡単な自己紹介とお願いごと




Number
Pass