掲示板の無料開設

コラム更新日記の下書き

コラム更新日記

独自発行の電子マネー

例えばユニーさんのユニコって、入金チャージされ使用されていないお金は、どうやって帳簿に処理されているのかな?

例えばクレジットカード決済代行会社の場合、一旦売上入金されたお金は、預り金になるようです。


ユニーの貸借対照表を見る限り、預り金がなく、そのまま現金として処理しているのかな?
でも、ユニコが使われた分なのか負債の部を見ると、ポイント引当金がドンドン上昇しています。


ここでnanacoのセブンを見ると、預り金が負債の部になっています。
現金として計上しつつ、預り金としてマイナスにもしているって事??


各企業は独自発行のチャージ式の電子マネーの入金ってどう処理しているんだろう?

法人の経理は奥が深いね。


追記
国税庁のホームページに、指針として、チャージされた金額は預り金として処理するべきとなっていました。

商品券と同じ考えのようです。

貸借対照表に載らないってことは、その他にまとめられているって事で、ユニコのチャージ金額(預かっている金額)はユニーが扱うお金の中でも、少ないの利用率ってことかな?

でも、やっぱチャージ式電子マネーは商品券と同じリスク品になるのか…


とあるスーパーが閉店する数ヶ月前に、商品券を3割引で売っていたって話も聞きましたしね。
投稿日:2015年02月27日 (金) 19時41分 [no.8408]

最近の下書きの投稿

下書きの投稿一覧へ

コラム更新日記だけではお届け出来ない私事など、ちょっとしたメモ程度に不定期に執筆していきます。

更新日記につきまして簡単な自己紹介とお願いごと




Number
Pass