無料で掲示板を作ろう  パソコン工房-夏はパソコン!サマーセール開催中


掲示板の新規作成はこちらから

せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

タイトル
名 前
本文
削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存


1050:

これは標準のサイズ

このサイズは5

このサイズは標準から-1 (2016年08月28日 (日) 01時23分)


これは標準のサイズ


このサイズは5


このサイズは標準から-1


文字を青くしてみます


サイズが7で緑色


1059:つつ (2017年06月18日 (日) 22時00分)

tesuto

名前 削除キー


てててすと

1056:つつ (2017年06月18日 (日) 21時56分)

てすと

1057:ろろ (2017年06月18日 (日) 21時56分)

れすてすと

1058:つつ (2017年06月18日 (日) 21時57分)

横レス無しか。。。

名前 削除キー


画像

1054:my (2017年02月24日 (金) 11時12分)

画像

1055:my (2017年02月24日 (金) 11時14分)

画像

名前 削除キー


1051:

文字を青くしてみます

(2016年08月28日 (日) 01時25分)

名前 削除キー


1049: (2016年08月28日 (日) 01時23分)


これは標準のサイズ


このサイズは5


このサイズは標準から-1


文字を青くしてみます


サイズが7で緑色


名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・八龍)

1045: (2016年07月09日 (土) 16時52分)

「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
銀鱗黒模様スカルドラゴン〔バリケ―ド〕「ギアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
黒鱗銀模様ワイバ―ン〔ブラックアウト〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
紫鱗黒模様毒龍〔ガルバトロン〕「グゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
藍鱗黒模様バハム―ト〔オ―バ―ロ―ド〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
銀鱗黒模様ファ―ブニル〔黎螺〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
紫鱗黒模様ニ―ズヘッグ〔裂牙〕「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
橙鱗黒模様ファイヤ―ドレイク〔一護〕「ギュウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
蒼鱗黒模様ヒュドラ〔光〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
蒼鱗黒模様ヒュドラ〔光〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
橙鱗黒模様ファイヤ―ドレイク〔一護〕「ギュウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
紫鱗黒模様ニ―ズヘッグ〔裂牙〕「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
銀鱗黒模様ファ―ブニル〔黎螺〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
藍鱗黒模様バハム―ト〔オ―バ―ロ―ド〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
紫鱗黒模様毒龍〔ガルバトロン〕「グゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
黒鱗銀模様ワイバ―ン〔ブラックアウト〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
銀鱗黒模様スカルドラゴン〔バリケ―ド〕「ギアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
八龍〔8人〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「クワッ。」
「キイイイイインッ。」

1048: (2016年07月15日 (金) 23時53分)

眼の前に現れた、ワ―プゲ―トの切れ目から歩いて最初に現れたのは銀鱗黒模様の骸骨の様なドラゴン“スカルドラゴン”だった、其れは“八龍”の1人、バリケ―ドだった、銀鱗黒模様のスカルドラゴンに成ったバリケ―ドはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、ギアアアアアアアアアアアアアッと悲鳴みたいな鳴声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、銀鱗黒模様のスカルドラゴンに成ったバリケ―ドの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の銀色の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い銀色の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは黒鱗銀模様の蝙蝠みたいな翼を持ったドラゴン“ワイバ―ン”だった、其れは“八龍”の1人、ブラックアウトだった、黒鱗銀模様のワイバ―ンに成ったブラックアウトはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、ウアアアアアアアアアアアアアッと女の悲鳴みたいな叫び声みたいな鳴声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、黒鱗銀模様のワイバ―ンに成ったブラックアウトの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の黒の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い黒の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは紫鱗黒模様の蝙蝠みたいな翼を持った毒のドラゴン“毒龍”だった、其れは“八龍”の1人、ガルバトロンだった、紫鱗黒模様の毒龍に成ったガルバトロンはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、グゥアアアアアアアアアアアアアッと男の叫び声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、紫鱗黒模様の毒龍に成ったガルバトロンの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の紫色の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い紫の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは藍鱗黒模様の竜王と呼ばれてるドラゴン“バハム―ト”だった、

名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・妖・ツイフォン)1

1047: (2016年07月12日 (火) 21時00分)

光はフォンの右肩に噛付いた、フォンも光の左肩に噛付いた、そしてググググググググッと御互いの右肩と左肩から血が流れ出した、光は自分の左肩に噛付いてるフォンを右肩に噛付いた状態で左肩から引離し、

名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・妖・ツイフォン)

1046: (2016年07月11日 (月) 02時24分)

洞窟から出て来たのは黒い鱗之白皮膚の両手が鎌に成ってるドラゴンだった、其れは光の使い魔の中でも最強・最悪と言われてるフォンだった、フォンの両腕の鎌には沢山の罪人のトランスフォ―マ―達が串刺しに成ってた、そしてザッザッザッザッザッと歩いて来てギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッと殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を動かしながら辺りを見渡し、ギロッと殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳でギャラクシ―コンボイ達とロイ達3人とコビ―達6人を見た、ギャラクシ―コンボイ達とロイ達4人はフォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を見て冷汗を掻き、コビ―達6人はフォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を見て冷汗を掻き、震えてた、フォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳には殺気と狂気と冷たさが在った、其れはリュウガ家に居た、彌祁と同じ眼をしてた、フォンは光達4人の言う事をしか聞かない、力が強い為、攻撃をすると龍人へ変化する事も出来る、そしてフォンが此処に来たのは光と勝負をしに来たのだ、子供の頃の勝負を続きをする為にだ、そしてフォンはロイ達8人を見て

名前 削除キー


トランス(GF・SG・設定)

1044: (2016年07月09日 (土) 04時12分)

【―――設定―――】
光・リュウガ
性別:女
一人称:妾
二人称:貴様
ボ―ディの色:蒼
カメラアイの色:蒼
武器:切味が良い猛毒が在る鋭い毒爪、猛毒が在る鮫と同じ前後に並んでる鋭い猛毒の毒牙、焼き尽す蒼い炎、粘りが在る猛毒の緑色の溶解液
トランスフォ―ム:ヒュドラ
容姿:見た眼が男っぽい女のトランスフォ―マ―、声が低い為男っぽく見えるが列記とした女である、2人の女のトランスフォ―マ―の中では一番背が高い、マスタ―ガルバトロンとスタ―スクリ―ムに好意を寄せられ、恋人同士に成り、ロイ達3人とも恋人同士である、最強・冷酷・残忍の名家であるリュウガ家の夫婦の1人娘で長女であり24代目当主でありリュウガ家が経営してる“復讐者”の最高責任でも在る、顔の右側には縦長の傷とヒュドラの刺青が在る、普段は面倒身が良く冷静で優しいが、怒らせると本来の性格である冷酷・残忍さを現す、サンダ―クラッカ―達やコビ―達6人にとっては姉の様な存在、瞳は蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い瞳に成って居り、爪はとても長く、伸縮自在、切味が良く猛毒が在る、口は耳迄裂けて居り、特殊な糸で耳迄裂けた口の端を縫って居り、下顎が二股に割れる、歯は全部が鋭い牙に成って居り、猛毒の毒牙に成ってる、牙の並び方は鮫と同じ前後に並んでる、舌は蛇と同じ先が二股に別れて居り、舌の色は蒼、伸縮自在、唾液は粘りが在る糊みたいな感じに成って居り、唾液の色は蒼、粘りが在る蒼い唾液にも猛毒が在り、地面や物に垂落ちると溶かしてしまう、躯の中には二千十二匹の宇宙蛇を飼い慣らしてる、悪食で大喰い、喰人鬼でも在る、罪を犯したトランスフォ―マの屍骸の屍肉と罪を犯したトランスフォ―マ―の血肉と巨石や石炭が大好物、特殊な糸で縫った耳迄裂けた口を大きく開け、蛇と同じ様に獲物を丸呑みに出来る、不老不死で在る為、首を斬られても死なず、首だけでも普通に喋る事が出来、首が後を向いても前に戻す事も出来、首も長く伸び、獲物に噛み付く事も出来きる、自分の躯も同じで首が無くても普通に歩く事も出来、首を繋げる時は切断面から皮が紐みたいに伸び、首の皮の繋がり切断面に繋げる事が出来る、躯を半分吹飛ばされても直に再生をして元通りに成る、首が潰れても切断面から新しい首が生えて来る、手も切られても動き、手を切断面に繋げて元に戻り、手が無く成っても切断面から再生する事が出来、下顎を千切られても上顎の切断面が伸び新しい下顎に成る、特殊な糸で縫ってる耳迄裂けた口からトランスフォ―マを物や堅い岩を跡形も無くドロドロに溶かしてしまう緑色の猛毒の溶解液とトランスフォ―マや物や堅い岩をも跡形も無く焼き尽してしまう蒼炎を吐く事が出来る、腕力がとても強く、堅い物でも意図も簡単に潰せ、壁を殴っても意図も簡単に大きな皹が現れ、腕や脚でも意図も簡単に圧し折ってしまい、下顎を意図も簡単に引き千切ってしまい、巨石や重い物でも意図も簡単に持上げてしまい、脚力もとても強く、踵落しをし、地面に意図も簡単に大きな亀裂が走り、噛む力もとても強く、噛付いたら絶対に離れない、喉笛を意図も簡単に噛み千切ってしまう、顎の力も強く、堅い物でも意図も簡単に噛砕いてしまう、両腕の翼で空をとても速く飛ぶ事も出来、羽ばたかせるだけでとても強い突風と何でも切裂いてしまう切味が良いカマイタチを起す事も出来る、獣の様な唸り声や鳴声を出し、粘りが在る猛毒の蒼い唾液を垂流す、蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い蒼い瞳は紅く光らせると“蛇睨”で相手の動きを止めたり相手の眼を見て相手に死をイメ―ジさせる事も出来る、天井や壁に張付いて守宮みたいに移動したり地面を蛇みたいに這い刷りながら移動する事も出来、獣の様に4本足で走る事も出来、蛇や蜥蜴の様に古い躯から脱皮をして成長をし、脱皮をして古く成った躯を最初の食料として喰らい、栄養にする、躯をスライム化して移動したり変化して二つ首の一つ眼之大蛇に成る事も出来、獲物に粘り付いて丸呑みにして消化する事も出来る、普段は昼寝とかして過したり外で自分が持ってるメンソ―ル味の煙草を吸う事も在る、怒らせるととても怖く、相手を半殺しにしたり拷問みたいな事をしたり説教とかをしたりとても強い自分の殺気を解放し大人しくさせたりもする、グロイ事が好きで自分の眼を抉り、口の中で転がしたり、空洞に成った眼に指を入れて中を抉ったり、腹を切裂いてコ―ドを取出して噛んだり、自分の特殊な糸で縫った耳迄裂けた口の回りを蛇と同じ先が二股に別れた長い蒼い舌で舌舐め擦りをしてる、どんな攻撃も効かず、自分の躯の凝りを取ったり攻撃を喰らいエネルギ―に変える事が出来る、リッカ―のガリとギガとスチルジョ―のルジとラガとバンパイザ、ヘルピオン、イグナイトと言う7体の凶暴な猛獣を飼い慣らして居り地球に連れて来た、ギャラクシ―コンボイ達、サイバトロンを嫌って居り、殺して遺りたいと思ってる、初めてギャラクシ―コンボイ達、サイバトロンと出逢った時、意図も簡単に倒してしまい、恐怖を与えた、デストロンの中では2人の女トランスフォ―マ―の中では背が高く声が低い為、男に見えるらしい、デストロン全員から好意を寄せられてる、腕力が強い為、マスタ―ガルバトロン達が怪我をして歩けなく成ったりすると御姫様抱っこをしたり、肩に担いだりする、其れでマスタ―ガルバトロン達は顔を紅くしたりするので光は可愛いと思ってるらしい、冷酷・残忍でとても強い為、ドレットロック達4人やギャラクシ―コンボイ達から眼を付けられて居り、仲間に入らないかと誘導されて居り、だが其れを光は殺気が籠った低くい声で追払ってる、自分の所のマスタ―ガルバトロンやサイバトロンの所に居るガ―ドシェルやオ―トボルトの事を心配してる、最初に出逢った時、意図も簡単に倒され、恐怖を味合わされた為、サイバトロン達は光には暴言や嫌味等は言わない事にしてる
トランスフォ―ム:トランスフォ―ム時の姿はギリシア神話に登場する、不死の多頭龍“ヒュドラ”、自分の両肩に角を生やした一つ眼之蛇之首を2本生やしてる、普段は光の両肩に隠れてるが、其の角を生やした一つ眼之蛇之首は相手の様子を探ったり相手の躯に巻付き、締め上げ、物を喰らう事も出来る、光の猛1つの口の代りをする、首を斬られても吹飛ばされても切断面から新しい首が2本生えて来る、両腕は蝙蝠みたいな翼に成ってる、“ヒュドラ”に成った時はワイバ―ンみたいな姿に成る、口も大きく裂け、猛毒の鋭い毒牙も鋭さも噛む力を増し、鋭い毒爪も鋭さも切味も増し、腕力も増し、猛毒も溶解液も蒼炎も威力が増し、両腕の翼を羽ばたかせるだけでとても強い突風と何でも切裂いてしまう切味が良いカマイタチの威力も増し、先端が剣みたいに成ってる蒼鱗黒模様の尾の威力も強く堅い岩でも砕け、トランスフォ―マ―を吹飛ばしたりも出来、切られても切断面から新しい尾が生える、とても強い殺気も増す、四つん這いで歩いたり走る事も出来、ジャンプする事も出来、2本足で立ち上る事も出来、歩く事も出来、走る事も出来、回し蹴りをする事も出来、ジャンプをする事も出来る
一護・クロサキ
性別:男
一人称:俺
二人称:テメェ
ボ―ディの色:オレンジと黒
カメラアイの色:ブラウン
武器:切味が良い鋭いワイヤ、切味が良い猛毒が在る鋭い毒爪、猛毒が在る鮫と同じ前後に並んでる鋭い猛毒の毒牙、焼き尽す橙色の炎、粘りが在る猛毒の紅の溶解液
トランスフォ―ム:ファイヤ―ドレイク
容姿:少年っぽい男のトランスフォ―マ―、マスタ―ガルバトロン達から弟の様に思われてる、最強の冷酷、残忍の八の龍“八龍”の副リ―ダ―であり最強の冷酷・残忍の名家であるクロサキ家の22代目当主でありリュウガ家が経営してる“復讐者”の情報最高責任者でもある、顔の右側にはファイヤ―ドレイクの刺青と縦長線の傷、普段は優しいが、怒らせると本来の性格である殺しをしても何とも思ってない冷酷・残忍さを現し、自分のとても強い殺気を解放する

名前 削除キー


トランス(GF・設定)

1043: (2016年07月09日 (土) 04時11分)

【―――設定―――】
光・リュウガ
性別:女
一人称:妾
二人称:貴様
ボ―ディの色:蒼と黒
カメラアイの色:蒼
武器:切味が良い猛毒が在る鋭い毒爪、猛毒が在る鮫と同じ前後に並んでる鋭い猛毒の毒牙、焼き尽す蒼い炎、粘りが在る猛毒の緑色の溶解液
トランスフォ―ム:ヒュドラ
容姿:見た眼が男っぽい女のトランスフォ―マ―、声が低い為男っぽく見えるが列記とした女である、2人の女のトランスフォ―マ―の中では一番背が高い、マスタ―メガトロンとスタ―スクリ―ムに好意を寄せられ、恋人同士に成り、ロイ達3人とも恋人同士である、最強の冷酷、残忍の八の龍“八龍”の女リ―ダ―であり最強・冷酷・残忍の名家であるリュウガ家の夫婦の1人娘で長女であり24代目当主でありリュウガ家が経営してる“復讐者”の最高責任でも在り、顔の右側には縦長の傷とヒュドラの刺青が在る、普段は面倒身が良く冷静で優しいが、怒らせると本来の性格である殺しをしても何とも思ってない冷酷・残忍さを現し、自分のとても強い殺気を解放し、説教か半殺しか拷問みたいな事をしてしまい、敵味方容赦なく攻撃してしまう、エクリシリオン達やコビ―達3人にとっては姉の様な存在、マスタ―メガトロン達からも好意を寄せられてる、瞳は蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い瞳に成って居り、爪はとても長く、伸縮自在、切味が良く猛毒が在る、口は耳迄裂けて居り、特殊な糸で耳迄裂けた口の端を縫って居り、下顎が二股に割れる、歯は全部が鋭い牙に成って居り、猛毒の毒牙に成ってる、牙の並び方は鮫と同じ前後に並んでる、舌は蛇と同じ先が二股に別れて居り、舌の色は蒼、伸縮自在、唾液は粘りが在る糊みたいな感じに成って居り、唾液の色は蒼、粘りが在る蒼い唾液にも猛毒が在り、地面や物に垂落ちると溶かしてしまう、躯の中には二千十二匹の宇宙蛇を飼い慣らしてる、悪食で大喰い、喰人鬼でも在る、罪を犯したトランスフォ―マの屍骸の屍肉と罪を犯したトランスフォ―マ―の血肉と巨石や石炭が大好物、毒やマグマをジュ―スみたいに飲んだりもしてる、特殊な糸で縫った耳迄裂けた口を大きく開け、蛇と同じ様に獲物を丸呑みに出来る、不老不死で在る為、首を斬られても死なず、首だけでも普通に喋る事が出来、首が後を向いても前に戻す事も出来、首も長く伸び、獲物に噛み付く事も出来きる、自分の躯も同じで首が無くても普通に歩く事も出来、首を繋げる時は切断面から皮が紐みたいに伸び、首の皮の繋がり切断面に繋げる事が出来る、躯を半分吹飛ばされても直に再生をして元通りに成る、首が潰れても切断面から新しい首が生えて来る、手も切られても動き、手を切断面に繋げて元に戻り、手が無く成っても切断面から再生する事が出来、下顎を千切られても上顎の切断面が伸び新しい下顎に成る、特殊な糸で縫ってる耳迄裂けた口からトランスフォ―マを物や堅い岩を跡形も無くドロドロに溶かしてしまう緑色の猛毒の溶解液とトランスフォ―マや物や堅い岩をも跡形も無く焼き尽してしまう蒼炎を吐く事が出来る、腕力がとても強く、堅い物でも意図も簡単に潰せ、壁を殴っても意図も簡単に大きな皹が現れ、腕でも意図も簡単に圧し折ってしまい、巨石や重い物でも意図も簡単に持上げてしまい、脚力もとても強く、踵落しをし、地面に意図も簡単に大きな亀裂が走り、噛む力もとても強く、噛付いたら絶対に離れない、喉笛を意図も簡単に噛み千切ってしまう、顎の力も強く、堅い物でも意図も簡単に噛砕いてしまう、動きがとても速い為かギャラクシ―コンボイ達やマスタ―メガトロン達の眼では見えない、一護達3人には光の動きが普通に見える、両腕の翼で空をとても速く飛ぶ事も出来、羽ばたかせるだけでとても強い突風と何でも切裂いてしまう切味が良いカマイタチを起す事も出来る、獣の様な唸り声や鳴声を出し、粘りが在る猛毒の蒼い唾液を垂流す、蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い蒼い瞳は紅く光らせると“蛇睨”で相手の動きを止めたり相手の眼を見て相手に死をイメ―ジさせる事も出来る、天井や壁に張付いて守宮みたいに移動したり地面を蛇みたいに這い刷りながら移動する事も出来、獣の様に4本足で走る事も出来、蛇や蜥蜴の様に古い躯から脱皮をして成長をし、脱皮をして古く成った躯を喰らう、普段は昼寝とかして過したり外で自分が持ってるメンソ―ル味の煙草を吸う事も在る、怒らせるととても怖く、相手を半殺しにしたり拷問みたいな事をしたり説教とかをしたりとても強い自分の殺気を解放し大人しくさせたりもする、グロイ事が好きで自分の眼を抉り、口の中で転がしたり、空洞に成った眼に指を入れて中を抉ったり、腹を切裂いてコ―ドを取出して噛んだり、自分の特殊な糸で縫った耳迄裂けた口の回りを蛇と同じ先が二股に別れた長い蒼い舌で舌舐め擦りをしてる、どんな攻撃も効かず、自分の躯の凝りを取ったり攻撃を喰らいエネルギ―に変える事が出来る、リッカ―のガリとギガとスチルジョ―のルジとラガとバンパイザ、ヘルピオン、イグナイトと言う7体の凶暴な猛獣を飼い慣らして居り地球に連れて来た、使い魔に地獄に棲み、人間を喰うツイフォン達を使役してる、子供の頃に罪人のトランスフォ―マ―達を意図も簡単に半殺しにし、刑務所の病院送りにしたと言う最強伝説を持ってる、ギャラクシ―コンボイ達、サイバトロンと逢った時、直に仲間に成り、ロイ達6人と話をしたりしてる、マスタ―メガトロン達、デストロンと初めて逢った時、意図も簡単に倒してしまい、丸呑みにし、自分の腹に収め、自分の胃袋の胃壁に同化させ消化されると言う恐怖を味合せた、本当は美味そうだから喰いったからしいが一護に止められて丸呑みにした、自分の血オイルをや傷を舐め様とするマスタ―メガトロンとスタ―スクリ―ムに呆れてる、そしてマスタ―メガトロンとスタ―スクリ―ムが唯一心が許せる存在でも在る
トランスフォ―ム:トランスフォ―ム時の姿はギリシア神話に登場する、不死の多頭龍“ヒュドラ”、自分の両肩に角を生やした一つ眼之蛇之首を2本生やしてる、普段は光の両肩に隠れてるが、其の角を生やした一つ眼之蛇之首は相手の様子を探ったり相手の躯に巻付き、締め上げ、物を喰らう事も出来る、光の猛1つの口の代りをする、首を斬られても吹飛ばされても切断面から新しい首が2本生えて来る、両腕は蝙蝠みたいな翼に成ってる、“ヒュドラ”に成った時はワイバ―ンみたいな姿に成る、口も大きく裂け、猛毒の鋭い毒牙も鋭さも噛む力を増し、鋭い毒爪も鋭さも切味も増し、腕力も増し、猛毒も溶解液も蒼炎も威力が増し、両腕の翼を羽ばたかせるだけでとても強い突風と何でも切裂いてしまう切味が良いカマイタチの威力も増し、先端が剣みたいに成ってる蒼鱗黒模様の尾の威力も強く堅い岩でも砕け、トランスフォ―マ―を吹飛ばしたりも出来、切られても切断面から新しい尾が生える、とても強い殺気も増す、四つん這いで歩いたり走る事も出来、ジャンプする事も出来、2本足で立ち上る事も出来、歩く事も出来、走る事も出来、回し蹴りをする事も出来、ジャンプをする事も出来る
一護・クロサキ
性別:男
一人称:俺
二人称:テメェ
ボ―ディの色:オレンジと黒
カメラアイの色:ブラウン
武器:切味が良い鋭いワイヤ、切味が良い猛毒が在る鋭い毒爪、猛毒が在る鮫と同じ前後に並んでる鋭い猛毒の毒牙、焼き尽す橙色の炎、粘りが在る猛毒の紅の溶解液
トランスフォ―ム:ファイヤ―ドレイク
容姿:少年っぽい男のトランスフォ―マ―、ギャラクシ―コンボイ達から弟の様に思われてる、最強の冷酷、残忍の八の龍“八龍”の副リ―ダ―であり最強の冷酷・残忍の名家であるクロサキ家の22代目当主でありリュウガ家が経営してる“復讐者”の情報最高責任者でもある、顔の右側にはファイヤ―ドレイクの刺青と縦長線の傷、普段は優しいが、怒らせると本来の性格である殺しをしても何とも思ってない冷酷・残忍さを現し、自分のとても強い殺気を解放する

名前 削除キー




Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板