無料で掲示板を作ろう  Amazon.co.jp-EMS腹筋ベルトのタイムセール開催


掲示板の新規作成はこちらから

せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

タイトル
名 前
本文
削除キー (半角英数 8文字以内) クッキーの保存


raruryia

1062:ararara (2018年09月24日 (月) 12時52分)

araraejka

名前 削除キー


スレ立てのテスト

1060:匿名希望 (2018年08月12日 (日) 22時47分)

画像もなしにスレ立て

1061:匿名希望 (2018年08月12日 (日) 22時47分)

レス付けのテスト

名前 削除キー


1050:

これは標準のサイズ

このサイズは5

このサイズは標準から-1 (2016年08月28日 (日) 01時23分)


これは標準のサイズ


このサイズは5


このサイズは標準から-1


文字を青くしてみます


サイズが7で緑色


1059:つつ (2017年06月18日 (日) 22時00分)

tesuto

名前 削除キー


てててすと

1056:つつ (2017年06月18日 (日) 21時56分)

てすと

1057:ろろ (2017年06月18日 (日) 21時56分)

れすてすと

1058:つつ (2017年06月18日 (日) 21時57分)

横レス無しか。。。

名前 削除キー


画像

1054:my (2017年02月24日 (金) 11時12分)

画像

1055:my (2017年02月24日 (金) 11時14分)

画像

名前 削除キー


1051:

文字を青くしてみます

(2016年08月28日 (日) 01時25分)

名前 削除キー


1049: (2016年08月28日 (日) 01時23分)


これは標準のサイズ


このサイズは5


このサイズは標準から-1


文字を青くしてみます


サイズが7で緑色


名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・八龍)

1045: (2016年07月09日 (土) 16時52分)

「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
銀鱗黒模様スカルドラゴン〔バリケ―ド〕「ギアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
黒鱗銀模様ワイバ―ン〔ブラックアウト〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッギチッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
紫鱗黒模様毒龍〔ガルバトロン〕「グゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
藍鱗黒模様バハム―ト〔オ―バ―ロ―ド〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
銀鱗黒模様ファ―ブニル〔黎螺〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
紫鱗黒模様ニ―ズヘッグ〔裂牙〕「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
橙鱗黒模様ファイヤ―ドレイク〔一護〕「ギュウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「ザンッ。」
「カ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ギラッ。」
「ビッ。」
「ベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッベリッ。」
蒼鱗黒模様ヒュドラ〔光〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「グワッ。」
「ネバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ネチャ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「ダラ・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
「ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。」
「すっ。」
蒼鱗黒模様ヒュドラ〔光〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
橙鱗黒模様ファイヤ―ドレイク〔一護〕「ギュウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
紫鱗黒模様ニ―ズヘッグ〔裂牙〕「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
銀鱗黒模様ファ―ブニル〔黎螺〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
藍鱗黒模様バハム―ト〔オ―バ―ロ―ド〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
紫鱗黒模様毒龍〔ガルバトロン〕「グゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
黒鱗銀模様ワイバ―ン〔ブラックアウト〕「ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
銀鱗黒模様スカルドラゴン〔バリケ―ド〕「ギアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
八龍〔8人〕「ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ。」
「クワッ。」
「キイイイイインッ。」

1048: (2016年07月15日 (金) 23時53分)

眼の前に現れた、ワ―プゲ―トの切れ目から歩いて最初に現れたのは銀鱗黒模様の骸骨の様なドラゴン“スカルドラゴン”だった、其れは“八龍”の1人、バリケ―ドだった、銀鱗黒模様のスカルドラゴンに成ったバリケ―ドはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、ギアアアアアアアアアアアアアッと悲鳴みたいな鳴声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、銀鱗黒模様のスカルドラゴンに成ったバリケ―ドの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の銀色の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い銀色の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは黒鱗銀模様の蝙蝠みたいな翼を持ったドラゴン“ワイバ―ン”だった、其れは“八龍”の1人、ブラックアウトだった、黒鱗銀模様のワイバ―ンに成ったブラックアウトはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、ウアアアアアアアアアアアアアッと女の悲鳴みたいな叫び声みたいな鳴声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、黒鱗銀模様のワイバ―ンに成ったブラックアウトの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の黒の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い黒の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは紫鱗黒模様の蝙蝠みたいな翼を持った毒のドラゴン“毒龍”だった、其れは“八龍”の1人、ガルバトロンだった、紫鱗黒模様の毒龍に成ったガルバトロンはザンッと姿を現し、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口をカ・・・・・・・・・・・・ッと少し開き、鋭い牙をギラッと光らせ、ギチッギチッギチッギチッギチッと特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開いて逝き、ビッと下顎に切眼が現れ、ベリッベリッベリッベリッベリッと破れた音がし、下顎が割れ始め、グゥアアアアアアアアアアアアアッと男の叫び声を上げ、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を開けた、紫鱗黒模様の毒龍に成ったガルバトロンの特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口の中は粘りが在る猛毒の紫色の唾液が線を引き、ダラッと蛇と同じ先が二股に別れた長い紫の舌を出し、下顎も二股に別れた、一本眼の牙と二本眼の牙は蛇の様に長く鋭く咎って居り、牙の並び方は鮫と同じ残後に並んでた、特殊な糸で縫った耳迄大きく裂けた口を閉じるとザッザッザッザッザッザッと歩いて行った、そしてワ―プゲ―トの切れ目から歩いて次に現れたのは藍鱗黒模様の竜王と呼ばれてるドラゴン“バハム―ト”だった、

名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・妖・ツイフォン)1

1047: (2016年07月12日 (火) 21時00分)

光はフォンの右肩に噛付いた、フォンも光の左肩に噛付いた、そしてググググググググッと御互いの右肩と左肩から血が流れ出した、光は自分の左肩に噛付いてるフォンを右肩に噛付いた状態で左肩から引離し、

名前 削除キー


トランス(GF・子供・夢・妖・ツイフォン)

1046: (2016年07月11日 (月) 02時24分)

洞窟から出て来たのは黒い鱗之白皮膚の両手が鎌に成ってるドラゴンだった、其れは光の使い魔の中でも最強・最悪と言われてるフォンだった、フォンの両腕の鎌には沢山の罪人のトランスフォ―マ―達が串刺しに成ってた、そしてザッザッザッザッザッと歩いて来てギョロッギョロッギョロッギョロッギョロッと殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を動かしながら辺りを見渡し、ギロッと殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳でギャラクシ―コンボイ達とロイ達3人とコビ―達6人を見た、ギャラクシ―コンボイ達とロイ達4人はフォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を見て冷汗を掻き、コビ―達6人はフォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳を見て冷汗を掻き、震えてた、フォンの殺気と狂気と冷たさが籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の鋭い黄緑の瞳には殺気と狂気と冷たさが在った、其れはリュウガ家に居た、彌祁と同じ眼をしてた、フォンは光達4人の言う事をしか聞かない、力が強い為、攻撃をすると龍人へ変化する事も出来る、そしてフォンが此処に来たのは光と勝負をしに来たのだ、子供の頃の勝負を続きをする為にだ、そしてフォンはロイ達8人を見て

名前 削除キー




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板