無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

Name
Title
Message
  クッキー


てっすうううううううううとおお
2005年11月19日 (土) 15時18分 (154)


てっすと

y

ppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppp
ppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppppp
2005年11月16日 (水) 17時40分 (153)


あああ

tesuto

あああ
2005年11月05日 (土) 14時10分 (152)


悩む・・・

テスト

タグは使えます?
2005年10月26日 (水) 15時15分 (151)


a

a

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
2005年10月06日 (木) 19時15分 (150)


あああ

みみみ

たたたた
2005年09月23日 (金) 20時17分 (149)


あははのは

ちなみにこれは私のオリジナルです。他サイトでパクって来たものではありません。
著作権放棄です。
2005年09月18日 (日) 19時16分 (148)


昼下がり

あははのは

 美穂は、いつもの公園へやってきた。

「あ、正志さん!」
 美穂は馴染みの顔を見つけ、一人弁当を食べる正志に駆け寄った。
「美穂じゃないか。何でここに?」
 正志は素っ頓狂な声を上げた。
 無理も無い。彼は外回りの時間の合間を縫って、こうして冷めた弁当を頬張っているのだ。美穂たちオフィスレディは本来、事務机に向かっているはずだ。
「いいじゃない。それより、どう? 営業成績」
 美穂はウィンクし、正志の横に座る。
「ああ、いつも通り駄目駄目さ」
 正志は疲れたように微笑み、ロールキャベツに箸を刺す。
「そうだ、正志さん。これあげるわ」
 美穂はそう言い、正志に布にくるんだものを渡す。
「ありがとう。これは何だい?」
 正志は弁当を脇に置き、それを受け取る。
「これはね、拳銃」
 ふふふ、と美穂は正志に微笑んだ。
「それは物騒だな。後で見ることにするよ」
 正志はそれを冗談と受けとめ、それを膝の上におき、弁当の続きを食べ始めた。
「じゃ、あたしはもう行くわ。お仕事がんばってね」
 美穂は立ち上がり、そのまま会社へと駆けていった。

 美穂が立ち去ってすぐ、サイレンが公園に響いた。
 正志は何事かと思い、弁当を口へと運ぶ手を止めた。

 警官が数人公園に現れ、そのうちの一人が正志のほうにやってきた。
「お食事中すいません。警察のものですが、ただいま近くで事件がありまして、その捜査をしております。犯人逮捕にご協力下さい」
「そうなんですか。それは怖いなぁ」
「不審な人物を見かけませんでしたか?」
「さぁ……。親子が何組かと、同僚が一人来ましたが、特に変わった様子はありませんでした」
「そうですか……。おや、そちらの包みは?」
「ああ、これはさっき来た同僚からもらったものです」
「失礼ですが、中身を確認しても?」
 警官は正志の返事を待たず、包まれたそれに手を伸ばす。
 正志は美穂の言った『拳銃』という言葉を思い出し、
「あ、ちょっと……」
 言葉を濁したが、もう遅かった。
「これは……!」
 警官が布をめくると、そこには黒光りする拳銃が横たわっていた。
 警官は何かを確認するように拳銃をいじっていたが、やがて真剣な顔になり、正志に言った。
「あなたを重要参考人として署に連行します。よろしいですか?」
 驚愕引きつる正志は、放心状態でパトカーに乗せられた。


「いってらっしゃーい」
 一部始終を物陰から見ていた美穂は、口元に笑みを浮かべてそう呟いた。
2005年09月18日 (日) 19時15分 (147)


テスト

あねこ

シンプル・・・
2005年09月12日 (月) 22時49分 (146)


test

わん

テストさせてください。
2005年08月29日 (月) 20時28分 (145)





Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板