無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

サンプル53

何か記念に書いてください!


ホームページへ戻る

タイトル:投稿テスト SF

テストさせてもらいます

匿名 2014年08月17日 (日) 02時36分(335)
 
題名:ううう

あいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこ

匿名 2014年08月17日 (日) 02時38分(336)
題名:テスト

あいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこあいうえおかきくけこ

匿名 2014年08月17日 (日) 02時40分(337)
題名:うぬ

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえをあいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえをあいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを
あいうえお
かきくけこ
さしすせそ
たちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
やいゆえよ
らりるれろ
わいうえを



匿名 2014年08月17日 (日) 02時43分(338)
題名:テスト

 人という生き物は皆、認めたくない現実を目の当たりにしたり、越えられない壁に遭遇すると楽をしたくなる。
 目の前にある、今認めなければならない現実を認め、乗り越えるべき壁を乗り越えて、そこで初めて人は強くなれる。
 だというのに人は、そういった境遇になると遠回りになってでも楽をしたがる。つまるところ、現実逃避だ。
 後ろを振り返って、ありもしない分かれ道を歩むのと同じで。

『俺は……また……』

 時には現実逃避をしない、意志の強い人だって存在する。
 それでも、現実逃避をしたいとは思わない。否、思わない人なんていない。
 現にこの、何もない真っ白な世界にいる青年がそう思っている。

「ねぇ、雄介君……お願いがあるの。私には出来なくて、貴方にしかできないこと、お願いしたいの」

 雄介と呼ばれたその青年は、壁も天井も、空も景色も無いこの空間で倒れている少女の手を握る。
 小さくて白い手であり、同時に非常に冷たく傷だらけ。少女は手だけでなく、全身に重傷を負っている。
 雄介の目からは涙が零れていた。一滴ずつ、ゆっくりと。

「雄介君、過去に戻れるんだよね……?」
「――あの話、真に受けていたのか?」
「ふふっ、当然だよ……私、雄介君のこと疑ってないもん」

 健気に笑みを浮かべる少女だが、活力は目に見えて落ちている。
 その明らかな衰弱は声色にも表れている。
 何故なら、静寂の中でその2人の声だけがするこの空間においても、耳を澄まさねば少女の声は聞き取れないのだから。
 少女は、自分の手を握る雄介の逞しい手を弱々しく握り返す。

「じゃあ、お願い……過去に戻ってさ、あいつに騙された馬鹿な私を、助けてくれないかな……」

 何時しか、少女も涙を流していた。

「――分かった。必ず救ってやる。過去にいる浅はかなお前を、絶対に助けてやる!」

 雄介の涙ぐんだ言葉を聞くと、少女は安心したかのような表情を浮かべ、やがて瞳から光を消失した。
 雄介はその様子を見ていられなかったが、それでも少女の目蓋が永久に開かなくなるまで、彼女の蒼い瞳を見ていた。
 ――――少女の瞳は、光を失っても輝いていた。

 やがて雄介は、息をしなくなった少女の目蓋をそっと閉じさせる。
 光を失っても尚、彼女の目蓋は開いていた。彼をこよなく愛していた証なのだろうか。

『何度でも繰り返す。この世界をハッピーエンドに導くため。こんな俺を愛してくれた少女に、明るい未来を見せたいから』

 雄介は、右腕に嵌っている腕輪に手を伸ばす。

『願わくは、希望を見失って絶望に支配される前に……』

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow- ( No.3 )
日時: 2014/07/22 18:25名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 2097年11月20日。
 その日付が指し示すこの世界は、新しく生まれた因果の地球である。
 この時間軸は、出来損ないの世界が出来た時間軸より、丁度2年遡っている。
 だからといって何もしなければ、この因果は前回の因果と何も変わらない道を辿る。
 変えたい過去がある。その意思が1つ生まれたのだから、こうしてこの因果があるのだ。

『――――』

 雄介は"時の腕輪"で、この時間軸へとやってきた。
 毎度の事なので慣れたものだが、今回は何かが前回の転移より違っていた。
 ――――転移前の記憶が、酷く曖昧なのだ。

『転移前に何かあったっけか?』

 だが、考えていても仕方ない。
 彼がこの時間軸にいる理由は、前の因果で変えたかった過去が変わらなかったからだけのこと。
 考えたところでどうせ、やることは変わらないのだ。

『つくづく便利だな、この腕輪は……』

 時の腕輪。
 それは雄介の持ち物であり、気付いたら持っていたという謎の代物である。
 腕輪の存在に気付いたタイミングでそれを弄った際、彼は初めて、誤ってという展開ではあるが過去に飛んだ事がある。
 以来、彼はこの腕輪を恐れて封印していた。
 だが"彼女"と出会ってからは、この封印した時の腕輪に頼りっぱなしなのである。
 皮肉にも、いくつもの世界の因果が生まれているとも知らずに。
 この時の彼は、まだそれを知らなかった。

『さて……』

 現在の時刻は8時。
 とりあえず学校――曽我宮高等学校――に向かわなくてはならない。
 雄介は着々と準備を進め、数分もしないうちに身支度を終えて家を出た。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow- ( No.4 )
日時: 2014/07/21 19:56名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: キャラ関連のページです
まだ話は見えていないかと思いますが、早めにオリキャラ応募用のテンプレートを投稿しておきます。
今回は現実世界でのファンタジーがテーマであって、今までのような異世界ファンタジーではないのでご了承を。


名前:
性別:
年齢:
出身国:
容姿:
性格:
武器:
能力:
魔法タイプ:
奥義:
敵?味方?:
仲間割れや寝返りok?:
死亡や大怪我ok?:
備考:
SV:


・名前は和名、洋名共に可能です。
・出身国は現存する国からなら自由ですが、物語の舞台は日本です。
・武器は1つだけです。
・能力の欄には、いわゆる超能力的なものをオリジナルで1つ書いてください。
・魔法タイプは次からお選び下さい。

 攻撃特化
 守備補助特化
 攻守汎用型
 特殊型(上の3つには当てはまらないタイプです)

 どのタイプになっても強さは変わらないのでご安心をw

・奥義は4つまでオリジナルで考えてください。そのキャラの武器や能力を考慮の上でお願いします。
・SVは一人称や口癖などが分かるようにお願いします。


このテンプレートを投稿した時点でキャラの募集を開始します。
お知らせコーナーなどの状況に関係なく、どうぞどうぞ、応募を始めちゃって下さい(黙take5
お待ちしております!

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.5 )
日時: 2014/07/21 21:04名前: モンブラン博士
名前:ハニー=アーナツメルツ
性別:女
年齢:14
出身国:イタリア
容姿:量の多い金髪に碧眼。白と黄色のゴスロリ姿の美少女
性格:天然でぶりっ娘。じゃんけんが好き
武器:可愛さ
能力:ハニーじゃんけん
敵とじゃんけんをし、彼女が勝った場合グーなら巨大な岩石を落とし敵を圧死させ、チョキなら巨大なハサミで首を斬首、パーなら体が爆散する。負けたら文字通り死のじゃんけん。彼女が負けた場合は発動しない
魔法タイプ:特殊型
奥義:サンダーレイン
大量の雷を頭上に降り注ぐ
勝利のVビーム
手でVサインを作り、そこから強力な破壊光線を発射する。
ラブリースマイル
可愛すぎる笑顔で敵を骨抜きにしてしまう。
マジカルスター
頭上に大量の星を振らせ攻撃する。

敵?味方?:味方
仲間割れや寝返りok?:なし
死亡や大怪我ok?:大けがはあり、死亡はなしでお願いします。
備考:周囲からは「可愛くてちょっと変わった面白い子」と思われている。
SV:「私はハニー。よろしくね♪」
「うう…っおなかすいたよう…」
「ハニーじゃんけん、じゃんけんポン♪」
「きみ強いー!反則だよぉ…」

世界観にあっているかどうかが心配です…

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.6 )
日時: 2014/07/21 21:31名前: 風死  ◆Z1iQc90X/A
先生連度って何ですか!? 僕Lv1のスライムレベルの時に、10作掛け持ちしてたよ(黙れ
さて、桜の方にオリキャラ頂いたので★


名前:赤沼 優斗/あかぬま ゆうと
性別:男
年齢:24
出身国:日本
容姿:赤い炎のように逆巻く髪で目の色は紫と赤のオッドアイ。ちなみに髪は染めていて、目はコンタクト。面長であごの細い輪郭で細長いが優しさの感じられる瞳。全体的に整った顔立ちで、色白。左の頬下にスペードのタトゥ。赤系のラフなシャツとジーンズを着用。耳にピアスをしていて、左腕にブレスレッドをしている。身長は長身で細身だが筋肉質。
性格:冷静でまじめな人格と、怖がりで人見知りな人格、更に殺戮衝動の赴くままに暴れまわる人格を持つ人格破綻者。なおこれは家庭環境と自らの能力を持て余すことにより生まれたらしい。
武器:アーミーナイフ
能力:剣戟の雨(ソードダンス)
幾つもの半透明な刃を空中に浮かせて、自由自在に走らせる。因みに刃は自分が見える範囲ならどこにでも配置でき、一度配置したものは破壊されたり、相手に当たらない限り消えない。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:
裁きの刃の踊り(ジャッジメントブレイドムーブメント)爪楊枝程度の大きまで圧縮された超攻撃力の刃を大量に空中に出現させすべてを敵へと叩きつける。
巨大なる刃の怒り(トールハンマーブレイド)此方は逆に巨大な刃。しかし、小さな刃全てを一点に集中させ作った刃。攻撃範囲、威力共に最強を誇る。
死食らう刃(デッドリーファング)本来この能力は生物のいる場所にそのまま発生させることはできない。その理を無理矢理リミッター解除でなくし可能にする。防御無効の技。使用者本人もダメージがある。
自傷刃(アイアムゾンビ)これもまた通常できないことを能力を限界まで酷使して使う技。自らの能力で自らに傷を付け、その傷つけた場所と同じ相手の場所に傷を付けさせる。無論死に関わるが、この技は相手の容姿と名を知っていれば相手が視界に入っていなくて発動可能。
敵?味方?:敵
仲間割れや寝返りok?:Yes
死亡や大怪我ok?:つか、死ね(オイ
備考:幼少時親に虐待され続けてきたため閉塞的な別人格が形成された。能力は後発的に生まれたもので、その時攻撃的人格が生まれた。力は奮うべき物だと思う攻撃的人格と、それを律する冷静な人格が闘っているが、冷静な人格が負け、攻撃的人格が出た後に閉塞的人格がでる。なお攻撃的人格は持続性は低い。なお閉塞的人格は他者を拒絶する傾向にあり、たやすく攻撃的人格を呼び出す。
SV:
「私は赤沼優斗。この世の退廃を憂う者さ」
「怖い怖い怖い怖い……何もかも! 何もかもが……くっくるな!」
「レッツエンジョイ! 殺戮タイムの始まりだああぁぁぁっ」



メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.7 )
日時: 2014/07/21 22:10名前: コッコ
名前:ゼルフ・ニーグラス

性別:男

年齢:23歳

出身国:イギリス

容姿:黒いコートに帽子が特徴。金髪で黒い瞳で何故か狐のお面をつけている。

性格:クールな性格

武器:漆黒の剣

能力:フェザーブレード

ゼルフ自身の武器を無数に具現化しゼルフ自身の周りに飛ばし相手に向けて斬りかかる。

魔法タイプ:攻撃特化

奥義:ヘルソード

武器に闇のオーラをまとわせ空間ごと斬り捨てる。斬られた相手は体を残すことなく消え去る。攻撃範囲は指定範囲で600km以上を張ることができるが体力を極限に削る。



仲間割れ・寝返り:OK

死亡・大怪我:OK

備考:謎の多い男。過去・経歴は全て不明で考えている事すら読めない。だが、今までに人を何人か殺している殺人鬼という過去が割り出されているが実際は不明

SV

「俺は全てを壊す。それだけだ・・・」

「さぁ、ショウタイムだ・・・」






メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.8 )
日時: 2014/08/16 13:59名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: コメント返信ページです
壁|≡( ・ω・)/

お客様コメント返信ページです。
現在のお客様数=9名

作者の最近の一言
「雨が降ったり止んだり忙しいねぇ……」


モンブラン博士さん【12度目更新】

ハニーちゃんのキャラ個人的に好きなので、全力で可愛らしく書かせていただいております!
彼女の強さがかなりのものだそうですが……他にもチート級のキャラが沢山いるので実際は真ん中辺りかもしれませんw
小説の方は、時間が空いたら見に行きますね〜。


風死さん【一度目更新】

ドロンなんて気にしてませんよw
ハニージャンケンはある意味チート級と言えますからね。
いやー、雄介君。強力な味方を持ったものだww

朱音の能力は考え付くのに必死でした(汗
それでは!


コッコさん>>

ゼルフ君ありがとうございますw
空間ごと切り裂かれた相手はたまったものじゃないでしょうね、ハイw
是非採用させていただきます。


あるねーるさん>>

初めまして、キコリです。オリキャラありがとうございます!
拒絶メインとは面白いっすねーwただ……そうですね……出番は少ないかも(^^;
あ、採用はさせていただきます!


梓和さん【4度目更新】

リンちゃんの設定をフルに生かして味方にしようと思います!
これからも頑張るでぇー!←


旅人さん>>

はじめまして、オリキャラありがとうございます!
呪われた目ですか。興味深いです。是非採用させていただきます!


愛深覚羅さん【3度目更新】

こんにちはー。早速登場させました!
そろそろコミカルなネタもほしいなと思っていたころだったので、ロコの設定は非常に助かりましたw
そうして朱音ちゃんに手を出したら最後、雄介からのありがたい制裁が加わるわけでして←
僕は最近、暑いどころか台風の影響で風が強くて物音が酷くて眠れていませんww
お互い身体には気をつけましょう!


フェリーさん【1度目更新】

なるほど、ありがとうございます。
しかし、赤い悪魔ってアレの事だったのか……恐ろしっ!ww


愛憐那さん>>

オリキャラありがとうございます!
……と言いたいところなのですが、その前に質問が。
猫耳と猫尻尾は偽物ですか?本物ですか?

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.9 )
日時: 2014/07/23 09:35名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 雄介は落ちてくる落ち葉を払いのけながら、早足に学校へと向かった。
 木枯らしが吹くこの時間軸では、雄介は転校したての転校生という立場にいる。
 転校したてな所為か、彼はまだ友達を作っておらず、誰とも打ち解けないまま1人だけ存在が浮いている。
 元々、彼の性格が災いしてクラスの仲間とは馴染めそうにないのだが。
 学校にいる生徒の大半は明るくて気さくな人が多い反面、クールな性格をしている人もいる。
 中でも彼は異例と言えるほどのクールキャラであり、それ故に1人浮いているのだ。

「雄介君、おはよう!」
「あぁ、おはよう」

 それでも、構わず彼に構ってくる人物も少なくない。
 中でも、金髪と碧眼が印象的な"ハニー=アーナツメルツ"というイタリア生まれの少女は転校生という存在を物珍しそうにしていて、気になっているのか、彼女は雄介の側にいることが多くなった。
 そのハニーは何をしているのかと言うと、雄介に毎日のように話しかけ、じゃんけんの勝負を挑んでいる。

「じゃんけんしようよ!」
「断る」
「えぇ〜、いーじゃん別に」
「――ちっ、仕方ねぇな」

 今日も今日とて、じゃんけん尽くし。
 雄介の口からあからさまな舌打ちが響いたが、ハニーは全く気にしていない様子。
 思わず雄介は溜息をついた。

「じゃー、いくよ! 最初はグー、ジャンケンポン!」

 彼女はじゃんけんが好きで、雄介だけに留まらず、不特定多数の人々にジャンケンの勝負を挑んできた。
 しかも運と勘が優れていて、彼女がジャンケンで負けることは滅多にない。
 だが彼女は、雄介にだけは負けてしまう。今の勝負もハニーがパーなのに対し、雄介はチョキで勝つことが出来た。
 当然である。何しろ雄介は、曲がりなりにも未来からやってきた人物だ。
 ハニーがどのタイミングのジャンケンでどれを出すのか、全て覚えているのだ。

「君強いー! 反則だよぉ」
「知るか。お前が弱いだけだろ」
「ぶーぶー!」

 ハニージャンケンでないだけ、まだマシか。雄介はじゃんけんを彼女と交わす中で、ずっとそう思っている。

 そのハニージャンケンと言うものは、まずハニーが高確率で勝つ。
 すると彼女が出したジャンケンの種類より、グーなら岩石落とし、チョキなら斬首、パーなら身体の破裂のいずれかが相手に発動するという、何とも恐ろしいジャンケンなのである。
 彼女のこの能力を、彼は何よりも恐れてきた。
 元々ハニーは雄介に危害を"全く"加えないのでいいが、彼女が敵に容赦なくそれをやっているところを見ていると、傍観者でもどうしても首筋には冷や汗が流れるというものだ。

「あ、学校に遅れちゃう! 早く行こうよ!」
「おう。ちと急ぐか」

 ハニーは年齢からしてまだ中学生で、雄介は既に高校生。だが通う場所は一緒だった。
 曽我宮高等学校の正式名称は"国立曽我宮学園"といい、小学校から大学、さらには各専修学校までの学び舎が全て一緒になっているという、世にも珍しく世界的にも有名な学校なのである。
 ハニーと雄介は偶然にもこの学校に通っていて、朝はほとんど毎日、一緒に登校している。

 じゃんけんでのんびりし過ぎ、時間がなくなってしまった。
 2人は走って学校へ向かった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.10 )
日時: 2014/07/23 16:01名前: モンブラン博士
もうひとりキャラを投稿します。
ハニーちゃん、すごく可愛いくかけています!さすがはキコリさんです!

名前:ドギー=ブルディ
性別:男
年齢:18
出身国:イギリス
容姿:赤い髪にいかつい顔、筋肉質な大男
性格:ワイルドで後輩の面倒見がいい心優しい兄貴分。頭脳派な一面もあり、怒らせたら手がつけられない。
武器:格闘
能力:クロー&タスク
分厚い鉄板を軽々と引き裂く鋭く長く頑丈な爪とコンクリートもかみ砕く牙を生やす。その引っ掻きは一撃で敵の骨までえぐるほど強力。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:ロック
檻を出現させ敵を封じ込める
ジャックハンマー
巨大な鉄球を出し、敵を攻撃する
リード
犬がはめているリードの巨大バージョンで敵を拘束する。
消化液
消化液を吐き、敵を溶かす。
敵?味方?:味方
仲間割れや寝返りok?:なし
死亡や大怪我ok?:大けがはあり、死亡はなしでお願いします。
備考:異名は「番犬」。一人称は俺か私。校内屈指の実力者の呼び声が高い。野太い声をしている。
SV:「俺が相手になってやる!!」
「この私が爪と牙を出した時、お前は終わる。ウオオオ!」
「ガッハッハッハッハ!この俺にかかればこんなものだ」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.11 )
日時: 2014/07/23 20:23名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 雄介は大急ぎで、それでいて落ち着いたように教室に入る。
 既に朝のホームルームが始まりかけていたが、まだ挨拶前とのことで、どうやら何とか間に合ったらしい。
 これも全てこういった結果であることを知っているからこそ、落ち着いたように行動が出来る。

「はやく席つけ。転校早々遅刻など、このワシが許さんぞ」

 それでも担任は頭が固く、退職一歩手前の老人である。
 雄介はまた溜息をついた。ハニーの事といい、何故こうも朝っぱらから疲れなければならないのだろうか。
 毎度の事ではあるが、こればかりは流石に慣れない。いい加減に早く慣れたいところだ。

 やがてホームルームが終わり、教室は再びガヤガヤと騒ぎ始めた。
 ホームルームが終わってからは、授業開始まで5分くらいの時間がある。所謂トイレ休憩のようなものだ。
 そうして本でも読もうかと手を伸ばし、序に時計を見る雄介。

『そろそろだな』

 時計の針を見て、雄介は一度手に持った本を再び手放した。
 授業開始前3分になったとき、自分は裏世界にワープしてしまうと彼は知っている。
 皆には気付かれないよう、臨戦態勢に入った。

 "裏世界"
 それは現実世界のパラレルワールドのようなもので、中は迷宮のような構造をしている。
 裏世界の見た目は現実世界と変わらない。違うところは、魔物というべき化け物が跋扈していることと、人がいないこと。
 何の前触れもなく突然空間に"歪み"が発生したら、そこは裏世界への入り口であることを告げている。
 特徴として厄介なのは、人を勝手に取り込んでしまうことだ。
 脱出するには仕掛けを解いて先に進み、発生したその裏世界を司る強敵――所謂ボスを倒すしかない。

 雄介は、このタイミングで歪みができることを知っている。
 だが彼は、ここで歪みから逃げるような真似はしなかった。
 過去の因果で一度、歪みから逃げたことが原因で取り返しのつかない事態を招いた経験がある。

「ゆ、雄介! おい! ボサっとしてんな! 歪みだぞ歪み!」

 クラスメイトが急かす中、雄介はその場から動こうとしない。
 ただゆっくりと、手の内にカードのデッキを握るだけだ。
 デッキとなったカードは彼の武器であり、身を守る盾でもある。
 人間が裏世界へ飛んでしまうことが珍しくない昨今、人類は何かしら身を守る術を身につけている。
 そのうちの魔法という存在は人類が発明した技術であり、超能力は人類が進化して生まれた存在といえる。

「歪み? それがどうした。歪みとか、さっさと解除すればいいだけの話だろ」

 雄介は、引き裂かれて出来た青い空間に吸い込まれていった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.12 )
日時: 2014/07/24 00:46名前: あるねーる ◆ntrCx9.D9Q
名前:比賀 雅臣(ひが まさおみ)

性別:男

年齢:17

出身国:日本

容姿:着崩さず、飾り気のない高校指定のスラックスとYシャツ姿。
髪は黒。瞳は濃い茶色をしていて、冷たげなすらっとした顔。

性格:冷静沈着、どのような状況でも優先すべきこと、捨てるべきものを判断し、それを実行することに一切の疑問を持たない。
そんな性格なので冷たい人と言われることも多いが、言いたい奴は言わせておけばいい、という理由であまり気にしていない。
ただ、敵意を表さずに様な人にはそれなりにフレンドリー。普段が低めなだけにこの辺りで周囲の評価を上げている。

武器:なし。ほぼ能力で対処し、無傷で帰還することを是とするため。


能力:存在否定者(パサー) Passer:通行人
『拒絶』の意志の力を目に見えない風のようなものとして具現化し、それを用途によって操ることができる能力。
けして相容れず、摩擦のあまり相手が壊れても気にも留めずただ流れ続けるのが拒絶。
ゆえに何物からも干渉は受けず、この世のどれよりも頑健で触れたものを容赦なく弾き返すエネルギー。
寒さの無い剛風のようなものなので殺傷能力はない上、物体に対しては無力。生物のみに通用する力。

魔法タイプ:特殊型

奥義:
【邪魔臭い、黙れ】《リジェクション・ヴォイス》Rejection:拒否
拒絶の意志を雅臣の声や足音に乗せ、反響させる事で相手の声や立てる音を消す。
話しているはずなのに声が出ていない、というときはこの技の効果範囲にいる証拠。

【お前の都合なんぞ知るか】《リジェクション・エリア》
相手の攻撃に限らず、人体や存在そのものを拒絶するバリアを張る。
能力の影響であってもバリアの表面上で弾き、雅臣自身には通させない。その間に雅臣は歩いていくだけ。

【くだらねぇもん創ってんじゃねぇ】《リジェクション・ハンド》
相手の能力により作り出された、あるいは作り出す途中の物に対し、拒絶の意志を塊状にしてぶつけ、破壊する技。
どんな大きさの物、どんな強度の物、どんな威力を秘めたものでも破壊できるが、
イメージとしては完成品を平手で叩き壊すようなもの。

【どこか別のところでやれ】《ブリーチ》Breach:絶交
雅臣の眼前、邪魔をする人間に対し拒絶の意志をぶつけ、少なくとも一千km以上の距離を取らせる技。
傍目からは吹き飛ばされているように見えるが実は強制的に移動させる技であり、時速120kmを超える速さと対象が泣き叫んでいるのでそう見えるだけ。
ちなみに出発点から到着点までの間の障害物は避けることができない。
ビルにぶつかろうが山にぶつかろうが移動し続けるので当然ながら対象者には傷がつく、または死亡することもあるが彼の知ったことではない。


敵?味方?:敵にも味方にも入らない、ただの第三者っていうのはアリでしょうか?
仲間割れや寝返りok?:どのチームにも入れない気がしますが、OKで
死亡や大怪我ok?:OK

備考:
化け物にも、能力者というだけで戦いを挑んでくる人間にも心を乱されず、
ただ普通の高校生のように平穏な日常を送りたい。という考えの持ち主。
それ故自分の能力を奢り、人を傷つけたり破壊を行って日常を壊すような輩は大嫌い。
そういう人物の前では感情をあらわにしてしまうので制御しないとな、と常々思っている。

SV:
「おや、君はこの間の……僕は比賀雅臣。戦いじゃないのなら、歓迎するよ」
「僕のことなら大丈夫だ。早くこの空間のボスを見つけて、手早く帰ろう」
「自分に力があるというだけで、周りを見ず、力量も知らず、ただ自己満足のためだけに力を振るう人間。
 ……君のような人間が、僕は本当に大嫌いだよ」
「僕はこの道を通り、家へ帰りたいだけだ。君らの戦いには関係ない。興味もない。注目されたいとも思わない。だから、通らせてもらう」
「叫ぶな。わめくな。抗うな。下らない。君の作ったその性格も、君の能力も、思想も、姿も、全てが糞のようなものだ」




うーむ、日頃の鬱憤をぶちまけてみたらご多分に漏れず酷いキャラに……
落選覚悟、というかこんなキャラ出しちゃってすみません。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.13 )
日時: 2014/07/24 08:53名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 裏世界の内部は、見た目だけは現実世界とほぼ変わらない。
 だが実際に入ってみると、さっきまでいた場所とは違う場所にいたりする。
 現に雄介は、とある都会の真ん中に立っていた。ビルばかりが聳え立っている反面、人がいないので気味が悪い。

 雄介はこの裏世界で、今までの経験上から捜さねばならない人物がいた。
 急ぎ足で1軒のビルへやってきて、躊躇いなく窓ガラスを足で蹴り破って中へと入る。
 彼は少し急いだ。何故なら捜しだすべき人物は、この町の運命を握っている、と言ってもよいのだから。

「早速のお出ましか」

 だが、急ぐ彼を邪魔するものは当然いる。いないはずがない。
 彼の前に、3人の人間が階段への道を通行止めした。
 人間というよりは、蠢く死体、と言ったほうが正しいかもしれない。
 目の前にいる死体3人の皮膚は一部が酸にやられて溶けており、髪も伸びきっていて汚れている。
 衣服も破れたり汚れたりしていて、3人のうち1人は服を失ってさえいる。

 相手は人間の姿をしているが、雄介は躊躇わない。
 手からカードを数枚引くと、彼はそれを自分の周囲に円を描くように展開した。

「行け」

 そう一言呟けば、展開されたカード1枚1枚から、思念体となったカードの分身が出現した。
 同時に比較的ゆっくりとしたスピードで、それは強力な追尾をしながら敵に向かって飛んでいく。
 カードが当たった相手には切り傷がつけられ、力を失うまで、カードは敵の身体を抉り続けた。
 雄介はその隙に、デッキから思念体のカードを5枚ドローした。
 今度はそれらを、自分の目の前で円を描くように展開。
 すると白く輝く魔方陣が組み上げられ、無数の光弾が出現。敵に降り注いだ。

 1分もしないうちに戦闘は終了する。
 雄介は展開したカードをデッキに戻して懐にしまい、先を急いだ。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.14 )
日時: 2014/07/24 12:54名前: 梓和
名前 リン・エルエリーナ
性別 女
年齢 14
出身国 ロシア
容姿 真っ赤なドレスワンピに、赤髪のツインテール。目は赤で肌は真っ白。幼げな顔をしている。
性格 お菓子とおしゃれが大好き可愛い。誰にでも好かれるようにしているが実は残酷な性格。
武器 自分よりも大きい大剣。
能力 死の大剣
   自分よりも大きい大剣を舞うように踊らせ敵に当たるまで踊らせる。敵に当たってもリンが能力をやめるまで躍り続ける。

魔法タイプ 攻撃特化

奥義 血降る大剣。
   大剣が大量に敵に降ってくる。また、すべての剣に血が付かないとリンでも止められない。

高さビル15階だてほどの大剣が降り注ぐ。

風大剣
大剣で風を切り、その風で攻撃する。

敵?味方? 敵だったけど味方になったてきなの。ダメなら味方。

仲間割れ、寝返りok?ok

死亡や大怪我ok? 死亡以外ok

備考 幼いとき里親に虐待、学校では、いじめを受け、人が信じれなくなった。大剣は父の形見。

SV
「はろー!私リン・エルエリーナ!リンって呼んで!」
「人間の血が私にも流れてると思うと、ぞっとするよ〜!」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.15 )
日時: 2014/07/24 14:34名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 ビルの屋上まで駆け足で登った雄介。
 20階建ての高層ビルなだけあり、流石に息が切れていた。しかし、休憩している余裕はない。
 何故か前回の因果よりも遥かに敵が多かったため、あったはずの余裕がなくなってしまったのだ。

 雄介は屋上への金属扉を蹴破り、急いで周囲を見渡した。
 既に屋上には1人の少女がいた。少女は驚いた様子で、突然やってきた雄介を振り返る。
 一方で雄介は、そんな少女の反応を期している暇がなかった。
 何故なら少女の近くには、頭1つ分ほどの大きさがある水晶玉が浮かんでいたのだから。
 それを見るや否や、雄介は血相を変えて叫ぶ。

「だ、誰!?」
「朱音! そいつに触るな!」
「へ? は、はい!」

 朱音と呼ばれた少女は、訳が分からない、といった表情を浮かべたが、とりあえず雄介に言われたとおり、彼女は反射的に右手を素早く引っ込めた。

「――ふぅ」

 彼女の手はどうやら触れていなかったらしく、水晶玉は特に動きを見せない。それを確認して安堵した雄介は溜息をつき、朱音の元へ歩み寄り始める。

「――で、貴方は誰? あ、私は榊原朱音ね。何か私の名前知ってたみたいだけど……」

 落ち着きを取り戻したのか、朱音は自分の名を知っている知らない青年――もとい、雄介の正体を尋ね始めた。

「俺は上条雄介。……お前がこの裏世界に取り込まれたと聞いて助けに来た」
「あ、そうなんだ。ありがとう!」
「別にいい」

 半分嘘が混じっていたが、朱音は何も疑うことなく、雄介の言うことを信じたようだ。
 つくづくお人好しだな。雄介はそう思いながら呆れ半分に苦笑し、また溜息をつくのだった。

『"あいつ"に騙される前のこいつを助けてくれ、だったか? 全く無茶を言う……』

 雄介は古い記憶を思い出した。
 彼の脳裏に残っている、この因果へやってくる前の少女の言葉が再生される。

『過去に戻ってさ、あいつに騙された馬鹿な私を、助けてくれないかな……』

 白く何もない空間で、彼が少女と交わした約束の言葉。
 それはつまり、過去に戻って、近い未来に誰かに騙されるとある少女を助ける、という意味となる。
 その約束を交わした相手なのだが、正体はたった今、彼の目の前で笑っている少女――朱音なのだ。
 いつか過ごした因果で傷だらけになった朱音と、健全な状態で目の前にいる朱音の姿が重なる。

「どしたの?」

 くすんだ深い緑の短髪を風に靡かせながら、朱音は橙混じりの赤い瞳で雄介の黒い瞳を覗き込む。
 雄介は不意に視線を逸らした。

「いや、何でもネェ」
「じゃあ行こうよ。雄介君だっけ? 一緒にここのヌシ、倒しちゃおう?」
「そうだな」

 2人はすっかり和み、ここの裏世界から脱出することに専念した。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.16 )
日時: 2014/08/16 13:54名前: キコリ参照: 人物紹介ページ
デフォルトキャラ


"上条雄介" 男 16歳 武器:カード 能力:ドローアンドコール 魔法タイプ:特殊型

口数は多くないが、静かに燃える情熱を胸の内に秘めている青年。過去に戻れる腕輪を持つ。
多くの者が彼に抱く第一印象は"クール"であり、実際に彼はクールで無愛想もいいところ。
普段から孤高な彼であるが、人を惹きつける魅力があるのか、彼の周囲は賑やかなことが多い。

服装には特にこだわりがないらしく、着れればいいという考え方を持つ。
その所為で周囲からは「ダサい」という声が多いが、彼は気にしていない。
髪も目も澄みきった黒で、髪はどこかにいそうなホストのような髪形をしている。

獲物はカード。思念体になったカードの分身を出現させ、それを飛ばして戦う。
カードの力は多種多様で、言い出したら限がないほどの攻撃、支援、回復、防御行動を取ることができる。
ドローアンドコールはそれらの行動を取る際に使う能力。


"榊原朱音" 女 16歳 武器:拳銃 能力:チャージバレット 魔法タイプ:守備補助特化

常に周りに気を配ることが出来る優しい性格の持ち主。
お人よしで相手を疑わず、誰とでも分け隔てなく接することが出来る。
柔らかな印象を相手に与えるため、彼女が近くにいるとその場の空気が自然と和む。

赤やオレンジ、黄色など、服装はとにかく明るい色をしている。
過度の露出を気にする人であり、寒がり。故に彼女は年中長袖の服を着ていて、スカートは絶対に穿かない。
眼は赤と橙が混ざったような色をしており、髪はくすんだ緑で、ショートボブが少し崩れたような髪形をしている。

獲物は拳銃だが、まだ扱いには慣れていない。元々力が弱いので、撃つときも両手で銃を支える。
命中精度も、お世辞にもいいとはいえない。だがそこは、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる。
自身の能力で、周囲の適当なゴミなどを弾薬に錬金できるので、弾が尽きることはまずない。


オリジナルキャラクター


モンブラン博士さん投稿>>


"ハニー=アーナツメルツ" 女 14歳 武器:可愛さ 能力:ハニーじゃんけん 魔法:特殊型

イタリア生まれのジャンケン好きな少女。
ぶりっ子で天然という性格を持ち合わせているが、周辺人物たちは彼女を邪気にしている様子はない。
転校生である雄介が珍しいがってか、彼の傍らにいることが多い。

容姿端麗で年の割にはスタイルも良く、各部位の1つ1つが整っている。
その上ゴスロリなので、彼女に惚れる男はかなり多い。髪と目は金髪碧眼。

自分の容姿に自信を持っているのか、獲物はその可愛さ。
一度笑みを浮かべれば、相手が人間でなくても対象を骨抜きにしてしまうため、ある意味恐ろしい武器といえる。
一方でハニーじゃんけんは、勝てば即死級の技を放つが、相手がジャンケンできないと何の意味もないという欠点がある。


"ドギー=ブルディ" 男 18歳 武器:格闘 能力:クローアンドタスク 魔法:攻守汎用型

"番犬"の異名を持つ厳つい男。
とにかく"ワイルド"という単語が彼にピッタリであり、何気に面倒見もいい兄貴分な性格をしている。
見た目に反して頭の回転も速く、謀略に関しては最早敵なし。敵に回した場合、一番恐ろしい対象となりえる。

筋骨隆々の大男で、女性からの好みが大きく分かれる体型をしている。
特徴は何より、燃えるような赤い髪。
基本的に武器を持たないが、能力により牙と爪を生やす事が出来、それを以って戦う傾向にある。


"ジャドウ=グレイ" 男 24歳 武器:サーベル、トランプ 能力:ミストマン 魔法:攻守汎用型

騎士道精神を重んじる、ハードボイルドな男性。常に不気味な笑いを湛えている。
非常に高潔で誇り高く、卑怯が嫌い。女性には決して手を出さないという一面も。
立場的には雄介の敵だが、たとえ手柄を立てても謙遜を貫き通す。実はベジタリアンだったりする。

一切の汚れが無い白の軍服とマント、プラチナブロンドのオールバックが印象的。
武器であるトランプは、宛ら手裏剣のように投げて挨拶の代わりにすることが多い。
突然霧になったり分身したり、瞬間移動したりなど、なかなか相手に隙を見せない実力派の強者。


風死さん投稿>>


"赤沼優斗" 男 24歳 武器:アーミーナイフ 能力:剣戟の雨 魔法:攻守汎用型

冷静でまじめな人格、怖がりで人見知りな人格、殺戮衝動の赴くままに暴れまわる人格の3つを持つ人格破綻者。
後者2つの人格は家庭環境と、後天的に生まれた能力を持て余したことにより生まれた。
3つの人格が1つの身体にて毎日のように入れ替わる所為か、心の状態は非常に不安定な傾向にある。

タトゥーやピアスなどのアクセサリが目立つが、中でも印象的なのは逆巻いた赤髪。
眼もオッドアイになっていて、一目彼を見ると中々脳裏から離れない。
そんな彼の武器は刃。半透明にして飛ばしたり、小さく圧縮して1つの大きな刃を形成したりなど、戦い方は無限大。
中でも彼の能力である剣戟の雨は、一度放たれたなら、対象は死という道しか残されない。


コッコさん投稿>>


"ゼルフ・ニーグラス" 男 23歳 武器:漆黒の剣 能力:フェザーブレード 魔法:攻撃特化型

イギリス生まれの謎の男。過去や経歴などは全て不明。
考えていることはまるで読めず、クールさの面では雄介にも劣らない。
殺人鬼という異名が世間では囁かれているが、そこもまた、真偽は闇の中とされている。

黒いコートと、金髪と黒い瞳を隠すように被っている帽子が特徴。
狐のお面を被っているが、その点では最早不審者と疑われてもおかしくないほどに不自然。
彼が持つ名も無き漆黒の剣は、相手を空間ごと切り裂くという驚異的威力を誇る。
特に彼の能力であるフェザーブレードは、その空間ごと切り裂く剣を無数に発生させる鬼畜能力である。
彼と遭遇したならば、最早命は無い。


あるねーるさん投稿>>


"比賀雅臣" 男 17歳 武器:なし 能力:存在否定者 魔法:特殊型

争いを拒絶する青年。冷静沈着で冷たく、自分の行動に疑問を持たない。
だがその裏では、平穏で高校生らしい生活を送りたいという願いがある。
一方で敵意を表さない人に対してはフレンドリーであり、陽気に振舞う面も。

容姿には特に特徴が無く、高校指定の制服を着崩さずに着ている。
髪も校則に違反しない程度の長さの黒髪で、眼はこげ茶色。ただし顔だけ、冷たそうな表情を常に浮かべている。

彼は無傷での帰還を是とするために武器を持たない。
故に彼はあらゆる"拒絶"の意志を具現化し、鉄壁の防御を展開することが出来る能力を持つ。
魔法も、能力の促進を促すものばかり。


梓和さん投稿>>


"リン・エルエリーナ" 女 14歳 武器:大剣 能力:死の大剣 魔法:攻撃特化

お菓子とお洒落を誰よりも愛する、ロシア生まれの少女。
里親からの虐待といじめが原因で人間不信になってしまった。
それ故、誰からも好かれるようにしていても、中身は残酷で冷徹。敵には一切の容赦をしない。

長髪を2つに結っており、ドレスワンピースを着ている。
それらは眼を含め、全て赤い。
まるで彼女の"中身"を表しているかのように。

顔立ちも体躯も幼いとはいえ、大剣を容易に振り回しているので力は侮れない。
能力や技でさえ、その大剣の雨を降らせたり超巨大な大剣を落としたりと中々危ない。
人間は見た目だけで判断してはならない。彼女という存在は、その教訓を示すいい例である。


旅人さん投稿>>


"ニコ=フラウツ" 女 15歳 武器:呪われた右目 能力:呪いの目 魔法タイプ:特殊型

普段は天使のように優しく穏和だが、敵を前にすると性格が明らかに変貌する少女。
突然戦闘狂になり、考え方も残酷になる。その代わり様はまるで、堕落した天使のよう。

容姿は彼のハニーにも負けず劣らず華奢で端麗。
ノースリーブワンピースを着ており、頭の髪飾りに使用している、枯れることを知らない花がチャームポイント。
全体的に小柄で、笑顔もそのまま天使としか言い表せないほどに美しい。
彼女の右目には呪詛がかかっていて呪われており、こののろいを持って敵と戦う。
その特性上、左目が明るい茶色なのに対して右目だけ深い藍色になっている。


愛深覚羅さん投稿>>


"ロコ" 男 18歳 武器:大斧 能力:身体強化 魔法タイプ:特殊型

大雑把でのんびりとしたスペイン生まれの青年。基本的に陽気で軽薄だが、戦闘狂の癖がある。
深緑の髪に緑の目と、少し珍しい組み合わせの色素を持っている。
服装がかなりちぐはぐだが、戦闘スタイルとのことで本人はこの恰好を全く以って譲らない。
武器の大斧は大きいので、普段は裏世界とは異なる異空間に投げ入れている。

アドレナリンが過多気味で、普段戦闘を行っている際は痛みを全く感じないという体質を持つ。
しかし一定時間が経過すると、まるで糸が切れたかのように動かなくなる。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.17 )
日時: 2014/07/24 21:30名前: モンブラン博士
すみません。最後にこのキャラだけは投稿させてください。これが最後のオリキャラ応募です。

名前:ジャドウ=グレイ
性別:男
年齢:24
出身国:ポーランド
容姿:プラチナブロンドのオールバックに黒い瞳で無表情な顔に白い軍服と白マントが特徴。
性格:ハードボイドで騎士道精神を重んじ、負けを潔く認めるなど高潔な一面もある。非常に誇り高く女性には手を出さない。紳士の中の紳士。渋くてカッコいい悪。
武器:サーベル&トランプ
能力:ミストマン
自由自在に霧に変化できる能力。敵の攻撃を受け流すのに使用することが多い。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:ジャドウ影分身
その名前の通り多数の分身を作り敵の目をかく乱させる。
ジャドウムーブ
白マントを翻すことで瞬間移動ができる
バラの花園
触れると爆発する赤いバラの花をまき散らす。美しくも危険な奥義。
トランプ手裏剣
トランプを手裏剣のように飛ばして攻撃する。
あいさつ代わりに使う。
敵?味方?:敵
仲間割れや寝返りok?:OK
死亡や大怪我ok?:OK
備考:常に「フフフフ」と不気味な含み笑いをしている。声も非常に低音で渋く人を虜にする声質の持ち主でもある。好物は熱いコーヒー。たとえ手柄を立てても自慢しない謙虚さも持つ。ベジタリアン。卑怯が大嫌い。
SV:「フフフフ…俺はジャドウグレイ。一勝負願おう…フフフフ」
「お前の実力はその程度のものなのかね?」
「お嬢さん、俺には近づかないほうが身のためですぞ」
「俺の生きがいは命を懸けた決闘。強きものと闘うこと…それだけにすぎぬ」
「お前は違いのわからない男だ。俺と違ってな」
「俺は決闘が恋人でしてね。そのお気持ちだけありがたく受け取っておきますよ」
「これが俺流のあいさつだ」
「俺は自らが敵に対し卑怯をした場合は、その場で自害すると心に決めている。正々堂々闘おう。一対一でな」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.18 )
日時: 2014/07/24 22:19名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: トリップが消えていた! 何故だ!
 雄介と朱音はビルを出て、現れる敵を倒しながら周辺を探索していた。
 どこかに、見えない仕掛けを解くスイッチがあるはずだ。そう信じての上で。

 その間に出てくる敵なのだが、依然、件のゾンビのような敵しか出てきていない。
 敵がずっと同じものしか出てこないなら、その対処法だってずっと同じことばかりを繰り返すこととなる。
 この作業のように単調な戦闘展開に、雄介はそろそろ飽きてきた。ゾンビを相手にして特に体力を消耗するわけでもない。
 朱音も、戦闘の経験こそ浅いと見受けられるものの、彼女はまだ護身くらいなら出来ている。
 つまり経験を積んだ雄介にとって、この裏世界は"退屈"以外の何者でもないのだ。

「あー、何でこうも同じ敵しか出てこねぇんだ」
「はぁ、はぁ……つ、疲れた……」
「拳銃なのに、か?」
「拳銃だから、だよ! もう、腕が疲れちゃった……」

 朱音は拳銃で自分の身を守ってきたが、敵は必然と弱い相手を狙うため、彼女は疲れきっていた。
 さらにその拳銃は引き金の重さがそれなりにあり、反動も強く、大口径という上級者向けの仕様になっている。
 まだ拳銃の事は差し置いたとしても、命中精度が悪い素人には到底扱いきれないことだろう。
 証拠に朱音は、拳銃を両手で支えていた。

 その上級者向けの拳銃なのだが、彼女は少なくとも雄介が見ていた限りでは、一度も弾薬のリロードをしていない。
 一体どういう仕組みになっているのか。彼は気になり、聞いてみることにした。

「朱音」
「なあに?」
「その拳銃、仕組みどうなってるんだよ? 弾薬のリロードしてなかったろ?」
「あー……あはは。それはねぇ、私の能力なの。弾がなくなるとね、無意識の内に錬金して出来上がるんだよ」
「あぁ、能力か」

 能力と聞いて、雄介は納得がいった。
 人類の数だけ種類があるといわれる"超能力"ならば、そのような事があってもおかしくはない。
 だが、1つだけ引っかかることがあった。朱音の口から零れた"錬金"という単語についてだ。

「でも……錬金?」
「等価交換って知ってるでしょ? 私はそこら辺のゴミとかで弾薬が作れるの」
「すげぇな……」

 錬金という言葉は知っているし、勿論今も人類が使える能力の1つである。
 ただ、実際に錬金術を駆使できる人物は少ないので、こういった形であっても錬金が出来る人に遭遇したことはなかった。
 そういえば、朱音は近い将来に錬金術師になるんだっけか。雄介はここに至って思い出した。
 前までいた因果では特に彼女の能力に疑問を抱いていなかったが、今になって思えば不思議な力である。

 もしかしたら、過去を――もとい、未来を変える術(すべ)はここにあるのかもしれない。
 そう思いつつ雄介は、自分の手を引く朱音にすんなり引かれながら、先へと進んでいった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.19 )
日時: 2014/07/25 23:53名前: 梓和
キコリさんすごいですね!
あんなに綺麗にまとめるなんて!!

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.20 )
日時: 2014/07/26 22:24名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 やがて2人はボスと相対した。
 したのだが、そのボスは瞬く間に力尽きてしまって少し拍子抜けだった。
 いくら雄介が使ったドローアンドコールで、たまたま"生命封印の呪詛"が出たからとはいえ。

「凄いね、雄介君。こんなおっきなボス、一撃で倒しちゃうなんて」
「い、いや……たまたまだ」

 朱音は唖然としながら、一切の外傷がないボスを眺めている。
 因みにそのボスなのだが、正体は今まで出てきたゾンビの巨大バージョン。
 ただ攻撃範囲が広くなっただけで、行動の仕方は一切変わっていなかった。
 ここもまた、拍子抜けの要素のひとつであるといえよう。

「おいおい、油断してんじゃねぇ」
「?」

 朱音は気を引き締める。
 だが、その言葉を放ったのは雄介ではなかった。

「!?」

 何か危険を察知した雄介。
 素早くカードをドローし、巨大化させて強化硝子の盾を展開。

 刹那、半透明状の刃が無数に盾に向かって降り注いだ。
 果たして受けきれるだろうか。心配になった雄介だが、杞憂だったらしい。全て防げた。
 ただ、刃が降り注ぎ終わるのと同時に、それら全てを防いでいた盾はあっという間に壊れた。
 雄介は震える朱音を背後に控え、刃が飛んできた場所がどこか、目を凝らし始める。
 数多の刃の雨。あんなものが当たったらひとたまりもない。
 その前に仕留めようと決めたのだ。

「誰だ!」

 雄介が吼える。
 すると突如、ストっという小気味良い音と共に、上空から1人の青年が降りてきた。
 オッドアイに逆巻く赤髪が、雄介の脳裏に強烈な印象を焼き付ける。

「さーて、ショータイムの始まりだァ!」
「なんだコイツっ!?」

 今度は不意打ちよろしく、降りてきた青年の周囲に、何処からともなく現れた無数の細かい刃が集まりだす。
 刃はやがて、大きな1つの巨大な刃となった。
 それは人間どころか、下手すればある程度のボスなら一刀両断できるほどの大きさがある。
 それほどの刃を前に、雄介は冷や汗をかいた。それでも彼は平静を装う。
 しかし、前にいた因果までこの青年の姿はなかったはずである。強烈な疑問が胸に渦巻く。

「いきなり何だ、この殺人鬼が」

 雄介は再びカードをドローし、その刃に対抗できるだけの大きさを持つ盾を展開。
 しかし、青年は躊躇わない。まるで人殺しを楽しんでいるかのような目つきで、刃を飛ばした。
 刹那、大きく嫌な音を立てて刃は盾にぶつかった。飛ぶスピードがかなり速かったらしい。

「ぎゃははははは! ****死ねえええぇぇぇ!」

 青年の声に呼応したのか、刃の切削力が大きく上がった。バキッと音がして、盾に亀裂が入る。

「っ!」

 雄介は攻撃を仕掛けようとして、既に行動を開始していた。
 もう防御は間に合わない。

『仕方ねぇ……』

 雄介は仕方なく、時の腕輪に手を掛けた。
 ここで自分が死んでは、身も蓋もない。今までやってきたことが、すべて無駄になるのだから。
 しかし、時の腕輪を発動させる必要はなかったらしい。
 青年がいきなり怯えだし、巨大な刃を象っていた細かな刃がボロボロと崩れ、消え始めたのだから。

 攻撃対象から攻撃意思が消え、雄介と朱音は大きく溜息をつく。

「全く、死ぬかと思ったぜ」
「た、助かったぁ……」

 朱音は目に涙を浮かべて安堵している。
 一方で雄介は警戒を解かず、青年に歩み寄った。

「テメェ、人様にいきなり攻撃しかけてきた罪がどれだけ重いか、分かってんだろうなぁ?」
「く、来るなぁ!」
「?」

 ここで雄介は、妙な疑問を抱いた。青年の様子が、明らかにおかしいのだ。
 先ほどまで邪悪な笑みさえ湛えて自分たちを殺しにかかっていたのに、今やその面影は微塵もない。
 怯え方が異常なのだ。まるで対人恐怖症のような。その変わり方も、まるで多重人格者のようである。

『ん? 多重人格者? あぁ、そうだ。その答えがあったか』

 雄介は納得がいった。
 多重人格ならば、このような人格の変動があってもおかしくない。

「全く、おかしな奴だな。朱音、行くぞ」
「う、うん。でもこの人、置いて行っちゃっていいのかな……」
「一度俺達を殺しにかかったんだ。助ける義理なんぞ欠片もねぇ」
「そ、そりゃそうだけど……」

 朱音はどうやら、その青年を置いていくことに納得がいかないらしい。
 それでも雄介は先へと進み、現実世界へと出れるワープ装置に向かった。
 仕方なく朱音も、それに引っ張られるようにしてついていった。


   ◇ ◇ ◇


「……私はまた、やってしまったのか」

 その後、残された青年は独り言を呟いて、どこかへと姿を消した。
 "赤沼優斗へ"と書かれた手紙の存在を忘れて。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.21 )
日時: 2014/07/27 00:01名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 その後雄介と朱音は、無事に裏世界から脱出することに成功した。
 脱出して出てきた先は、曽我宮学園の高等学校棟にある体育館のピロティー。
 風がいい具合に抜けていく構造になっていて、吹き抜けるそれが心地よい。
 そんな見慣れた光景を見て安堵してか、雄介は全身の力が抜け、その場に膝をついた。
 朱音が見兼ねて、彼の様子を視察し始める。だが特に何もない。おそらく、ただの疲れだろう。

「だ、大丈夫?」
「問題ない。疲れただけだ」
「そ、それならいいんだけど……えっと、ここは……?」
「あぁ、そうか。お前、この学校の生徒じゃないんだったな」

 そうだ。朱音は曽我宮学園の生徒ではない。
 だから彼女はここにいるべきではないし、いたらいたで不法侵入になる。
 雄介は立ち上がり、朱音に向き直った。

「ここは曽我宮市だが、家まで帰れるか?」
「そ、曽我宮? ごめん、知らない」
「そうか……」

 既に雄介は、朱音が何処に住んでいるのかを知っていた。
 言うまでもなく、彼は未来から来たからである。
 だが、彼女を送っていくようなことはしない。何故ならその選択は、過ちの1つなのだから。
 雄介は仕方ないので、職員室へ行くことにした。
 時間的には3時限目の真っ最中。人目はそうはないだろう。


   ◇ ◇ ◇


「失礼します」
「一体どうし……!?」

 数少ない教師全員が雄介を振り向く中、一切の例外なく彼らは驚いていた。
 彼の隣にいる少女が誰か、気になるらしい。

 雄介は教務に事情を説明し、一先ず朱音の身柄を預けることに成功した。
 これから彼女には様々な質問が飛ぶのだという。彼女は雄介に礼を言い、そのまま別れた。


   ◇ ◇ ◇


 授業中にいきなり教室の扉が開けば、必ずや全員がそちらに注目するに違いない。
 雄介は入るのに躊躇いが生じたが、ここで入らねば、貴重な単位を落とす破目に陥りかねない。
 仕方なく、彼は教室に入ることにした。折角なら、景気良く派手に行こうではないかと思いながら。
 扉に手を掛ける。

 ガラガラッと途轍もなく大きな音を立て、扉はしっかりと開かれた。
 比較的古い扉なので、音はさらに大きいものとなる。
 中でノートをとっていた生徒、寝ていた生徒、黒板に文字を書いている先生。
 そのうち一切の例外なく、みんなが驚いて、いきなり入ってきた雄介のほうを見た。
 先生に至っては、チョークを落としてしまったらしい。

「ゆ、雄介!?」
「――――よう。無事裏世界から戻って来れたぜ」
「う、裏世界にいたのかね、君は」
「えぇ、その通りです」

 半ば自暴自棄気味に雄介は応え、そのまま席へ着席し、机に突っ伏した。
 寝てしまっては折角の単位も履修出来たことにはならないのだが、もうその時点では単位を気にしていなかったのだとか。
 その後は授業が終わるまでずっと眠っていたと、後に彼のクラスメイトの1人が語っている。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.22 )
日時: 2014/07/27 09:23名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 授業が終了してクラスメイトに起こされた雄介は、眠い目を擦りながら学生会館まで来ていた。

 人という生き物は皆、認めたくない現実を目の当たりにしたり、越えられない壁に遭遇すると楽をしたくなる。
 目の前にある、今認めなければならない現実を認め、乗り越えるべき壁を乗り越えて、そこで初めて人は強くなれる。
 だというのに人は、そういった境遇になると遠回りになってでも楽をしたがる。つまるところ、現実逃避だ。
 後ろを振り返って、ありもしない分かれ道を歩むのと同じで。

『俺は……また……』

 時には現実逃避をしない、意志の強い人だって存在する。
 それでも、現実逃避をしたいとは思わない。否、思わない人なんていない。
 現にこの、何もない真っ白な世界にいる青年がそう思っている。

「ねぇ、雄介君……お願いがあるの。私には出来なくて、貴方にしかできないこと、お願いしたいの」

 雄介と呼ばれたその青年は、壁も天井も、空も景色も無いこの空間で倒れている少女の手を握る。
 小さくて白い手であり、同時に非常に冷たく傷だらけ。少女は手だけでなく、全身に重傷を負っている。
 雄介の目からは涙が零れていた。一滴ずつ、ゆっくりと。

「雄介君、過去に戻れるんだよね……?」
「――あの話、真に受けていたのか?」
「ふふっ、当然だよ……私、雄介君のこと疑ってないもん」

 健気に笑みを浮かべる少女だが、活力は目に見えて落ちている。
 その明らかな衰弱は声色にも表れている。
 何故なら、静寂の中でその2人の声だけがするこの空間においても、耳を澄まさねば少女の声は聞き取れないのだから。
 少女は、自分の手を握る雄介の逞しい手を弱々しく握り返す。

「じゃあ、お願い……過去に戻ってさ、あいつに騙された馬鹿な私を、助けてくれないかな……」

 何時しか、少女も涙を流していた。

「――分かった。必ず救ってやる。過去にいる浅はかなお前を、絶対に助けてやる!」

 雄介の涙ぐんだ言葉を聞くと、少女は安心したかのような表情を浮かべ、やがて瞳から光を消失した。
 雄介はその様子を見ていられなかったが、それでも少女の目蓋が永久に開かなくなるまで、彼女の蒼い瞳を見ていた。
 ――――少女の瞳は、光を失っても輝いていた。

 やがて雄介は、息をしなくなった少女の目蓋をそっと閉じさせる。
 光を失っても尚、彼女の目蓋は開いていた。彼をこよなく愛していた証なのだろうか。

『何度でも繰り返す。この世界をハッピーエンドに導くため。こんな俺を愛してくれた少女に、明るい未来を見せたいから』

 雄介は、右腕に嵌っている腕輪に手を伸ばす。

『願わくは、希望を見失って絶望に支配される前に……』

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow- ( No.3 )
日時: 2014/07/22 18:25名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 2097年11月20日。
 その日付が指し示すこの世界は、新しく生まれた因果の地球である。
 この時間軸は、出来損ないの世界が出来た時間軸より、丁度2年遡っている。
 だからといって何もしなければ、この因果は前回の因果と何も変わらない道を辿る。
 変えたい過去がある。その意思が1つ生まれたのだから、こうしてこの因果があるのだ。

『――――』

 雄介は"時の腕輪"で、この時間軸へとやってきた。
 毎度の事なので慣れたものだが、今回は何かが前回の転移より違っていた。
 ――――転移前の記憶が、酷く曖昧なのだ。

『転移前に何かあったっけか?』

 だが、考えていても仕方ない。
 彼がこの時間軸にいる理由は、前の因果で変えたかった過去が変わらなかったからだけのこと。
 考えたところでどうせ、やることは変わらないのだ。

『つくづく便利だな、この腕輪は……』

 時の腕輪。
 それは雄介の持ち物であり、気付いたら持っていたという謎の代物である。
 腕輪の存在に気付いたタイミングでそれを弄った際、彼は初めて、誤ってという展開ではあるが過去に飛んだ事がある。
 以来、彼はこの腕輪を恐れて封印していた。
 だが"彼女"と出会ってからは、この封印した時の腕輪に頼りっぱなしなのである。
 皮肉にも、いくつもの世界の因果が生まれているとも知らずに。
 この時の彼は、まだそれを知らなかった。

『さて……』

 現在の時刻は8時。
 とりあえず学校――曽我宮高等学校――に向かわなくてはならない。
 雄介は着々と準備を進め、数分もしないうちに身支度を終えて家を出た。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow- ( No.4 )
日時: 2014/07/21 19:56名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: キャラ関連のページです
まだ話は見えていないかと思いますが、早めにオリキャラ応募用のテンプレートを投稿しておきます。
今回は現実世界でのファンタジーがテーマであって、今までのような異世界ファンタジーではないのでご了承を。


名前:
性別:
年齢:
出身国:
容姿:
性格:
武器:
能力:
魔法タイプ:
奥義:
敵?味方?:
仲間割れや寝返りok?:
死亡や大怪我ok?:
備考:
SV:


・名前は和名、洋名共に可能です。
・出身国は現存する国からなら自由ですが、物語の舞台は日本です。
・武器は1つだけです。
・能力の欄には、いわゆる超能力的なものをオリジナルで1つ書いてください。
・魔法タイプは次からお選び下さい。

 攻撃特化
 守備補助特化
 攻守汎用型
 特殊型(上の3つには当てはまらないタイプです)

 どのタイプになっても強さは変わらないのでご安心をw

・奥義は4つまでオリジナルで考えてください。そのキャラの武器や能力を考慮の上でお願いします。
・SVは一人称や口癖などが分かるようにお願いします。


このテンプレートを投稿した時点でキャラの募集を開始します。
お知らせコーナーなどの状況に関係なく、どうぞどうぞ、応募を始めちゃって下さい(黙take5
お待ちしております!

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.5 )
日時: 2014/07/21 21:04名前: モンブラン博士
名前:ハニー=アーナツメルツ
性別:女
年齢:14
出身国:イタリア
容姿:量の多い金髪に碧眼。白と黄色のゴスロリ姿の美少女
性格:天然でぶりっ娘。じゃんけんが好き
武器:可愛さ
能力:ハニーじゃんけん
敵とじゃんけんをし、彼女が勝った場合グーなら巨大な岩石を落とし敵を圧死させ、チョキなら巨大なハサミで首を斬首、パーなら体が爆散する。負けたら文字通り死のじゃんけん。彼女が負けた場合は発動しない
魔法タイプ:特殊型
奥義:サンダーレイン
大量の雷を頭上に降り注ぐ
勝利のVビーム
手でVサインを作り、そこから強力な破壊光線を発射する。
ラブリースマイル
可愛すぎる笑顔で敵を骨抜きにしてしまう。
マジカルスター
頭上に大量の星を振らせ攻撃する。

敵?味方?:味方
仲間割れや寝返りok?:なし
死亡や大怪我ok?:大けがはあり、死亡はなしでお願いします。
備考:周囲からは「可愛くてちょっと変わった面白い子」と思われている。
SV:「私はハニー。よろしくね♪」
「うう…っおなかすいたよう…」
「ハニーじゃんけん、じゃんけんポン♪」
「きみ強いー!反則だよぉ…」

世界観にあっているかどうかが心配です…

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.6 )
日時: 2014/07/21 21:31名前: 風死  ◆Z1iQc90X/A
先生連度って何ですか!? 僕Lv1のスライムレベルの時に、10作掛け持ちしてたよ(黙れ
さて、桜の方にオリキャラ頂いたので★


名前:赤沼 優斗/あかぬま ゆうと
性別:男
年齢:24
出身国:日本
容姿:赤い炎のように逆巻く髪で目の色は紫と赤のオッドアイ。ちなみに髪は染めていて、目はコンタクト。面長であごの細い輪郭で細長いが優しさの感じられる瞳。全体的に整った顔立ちで、色白。左の頬下にスペードのタトゥ。赤系のラフなシャツとジーンズを着用。耳にピアスをしていて、左腕にブレスレッドをしている。身長は長身で細身だが筋肉質。
性格:冷静でまじめな人格と、怖がりで人見知りな人格、更に殺戮衝動の赴くままに暴れまわる人格を持つ人格破綻者。なおこれは家庭環境と自らの能力を持て余すことにより生まれたらしい。
武器:アーミーナイフ
能力:剣戟の雨(ソードダンス)
幾つもの半透明な刃を空中に浮かせて、自由自在に走らせる。因みに刃は自分が見える範囲ならどこにでも配置でき、一度配置したものは破壊されたり、相手に当たらない限り消えない。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:
裁きの刃の踊り(ジャッジメントブレイドムーブメント)爪楊枝程度の大きまで圧縮された超攻撃力の刃を大量に空中に出現させすべてを敵へと叩きつける。
巨大なる刃の怒り(トールハンマーブレイド)此方は逆に巨大な刃。しかし、小さな刃全てを一点に集中させ作った刃。攻撃範囲、威力共に最強を誇る。
死食らう刃(デッドリーファング)本来この能力は生物のいる場所にそのまま発生させることはできない。その理を無理矢理リミッター解除でなくし可能にする。防御無効の技。使用者本人もダメージがある。
自傷刃(アイアムゾンビ)これもまた通常できないことを能力を限界まで酷使して使う技。自らの能力で自らに傷を付け、その傷つけた場所と同じ相手の場所に傷を付けさせる。無論死に関わるが、この技は相手の容姿と名を知っていれば相手が視界に入っていなくて発動可能。
敵?味方?:敵
仲間割れや寝返りok?:Yes
死亡や大怪我ok?:つか、死ね(オイ
備考:幼少時親に虐待され続けてきたため閉塞的な別人格が形成された。能力は後発的に生まれたもので、その時攻撃的人格が生まれた。力は奮うべき物だと思う攻撃的人格と、それを律する冷静な人格が闘っているが、冷静な人格が負け、攻撃的人格が出た後に閉塞的人格がでる。なお攻撃的人格は持続性は低い。なお閉塞的人格は他者を拒絶する傾向にあり、たやすく攻撃的人格を呼び出す。
SV:
「私は赤沼優斗。この世の退廃を憂う者さ」
「怖い怖い怖い怖い……何もかも! 何もかもが……くっくるな!」
「レッツエンジョイ! 殺戮タイムの始まりだああぁぁぁっ」



メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.7 )
日時: 2014/07/21 22:10名前: コッコ
名前:ゼルフ・ニーグラス

性別:男

年齢:23歳

出身国:イギリス

容姿:黒いコートに帽子が特徴。金髪で黒い瞳で何故か狐のお面をつけている。

性格:クールな性格

武器:漆黒の剣

能力:フェザーブレード

ゼルフ自身の武器を無数に具現化しゼルフ自身の周りに飛ばし相手に向けて斬りかかる。

魔法タイプ:攻撃特化

奥義:ヘルソード

武器に闇のオーラをまとわせ空間ごと斬り捨てる。斬られた相手は体を残すことなく消え去る。攻撃範囲は指定範囲で600km以上を張ることができるが体力を極限に削る。



仲間割れ・寝返り:OK

死亡・大怪我:OK

備考:謎の多い男。過去・経歴は全て不明で考えている事すら読めない。だが、今までに人を何人か殺している殺人鬼という過去が割り出されているが実際は不明

SV

「俺は全てを壊す。それだけだ・・・」

「さぁ、ショウタイムだ・・・」






メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.8 )
日時: 2014/08/16 13:59名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: コメント返信ページです
壁|≡( ・ω・)/

お客様コメント返信ページです。
現在のお客様数=9名

作者の最近の一言
「雨が降ったり止んだり忙しいねぇ……」


モンブラン博士さん【12度目更新】

ハニーちゃんのキャラ個人的に好きなので、全力で可愛らしく書かせていただいております!
彼女の強さがかなりのものだそうですが……他にもチート級のキャラが沢山いるので実際は真ん中辺りかもしれませんw
小説の方は、時間が空いたら見に行きますね〜。


風死さん【一度目更新】

ドロンなんて気にしてませんよw
ハニージャンケンはある意味チート級と言えますからね。
いやー、雄介君。強力な味方を持ったものだww

朱音の能力は考え付くのに必死でした(汗
それでは!


コッコさん>>

ゼルフ君ありがとうございますw
空間ごと切り裂かれた相手はたまったものじゃないでしょうね、ハイw
是非採用させていただきます。


あるねーるさん>>

初めまして、キコリです。オリキャラありがとうございます!
拒絶メインとは面白いっすねーwただ……そうですね……出番は少ないかも(^^;
あ、採用はさせていただきます!


梓和さん【4度目更新】

リンちゃんの設定をフルに生かして味方にしようと思います!
これからも頑張るでぇー!←


旅人さん>>

はじめまして、オリキャラありがとうございます!
呪われた目ですか。興味深いです。是非採用させていただきます!


愛深覚羅さん【3度目更新】

こんにちはー。早速登場させました!
そろそろコミカルなネタもほしいなと思っていたころだったので、ロコの設定は非常に助かりましたw
そうして朱音ちゃんに手を出したら最後、雄介からのありがたい制裁が加わるわけでして←
僕は最近、暑いどころか台風の影響で風が強くて物音が酷くて眠れていませんww
お互い身体には気をつけましょう!


フェリーさん【1度目更新】

なるほど、ありがとうございます。
しかし、赤い悪魔ってアレの事だったのか……恐ろしっ!ww


愛憐那さん>>

オリキャラありがとうございます!
……と言いたいところなのですが、その前に質問が。
猫耳と猫尻尾は偽物ですか?本物ですか?

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.9 )
日時: 2014/07/23 09:35名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 雄介は落ちてくる落ち葉を払いのけながら、早足に学校へと向かった。
 木枯らしが吹くこの時間軸では、雄介は転校したての転校生という立場にいる。
 転校したてな所為か、彼はまだ友達を作っておらず、誰とも打ち解けないまま1人だけ存在が浮いている。
 元々、彼の性格が災いしてクラスの仲間とは馴染めそうにないのだが。
 学校にいる生徒の大半は明るくて気さくな人が多い反面、クールな性格をしている人もいる。
 中でも彼は異例と言えるほどのクールキャラであり、それ故に1人浮いているのだ。

「雄介君、おはよう!」
「あぁ、おはよう」

 それでも、構わず彼に構ってくる人物も少なくない。
 中でも、金髪と碧眼が印象的な"ハニー=アーナツメルツ"というイタリア生まれの少女は転校生という存在を物珍しそうにしていて、気になっているのか、彼女は雄介の側にいることが多くなった。
 そのハニーは何をしているのかと言うと、雄介に毎日のように話しかけ、じゃんけんの勝負を挑んでいる。

「じゃんけんしようよ!」
「断る」
「えぇ〜、いーじゃん別に」
「――ちっ、仕方ねぇな」

 今日も今日とて、じゃんけん尽くし。
 雄介の口からあからさまな舌打ちが響いたが、ハニーは全く気にしていない様子。
 思わず雄介は溜息をついた。

「じゃー、いくよ! 最初はグー、ジャンケンポン!」

 彼女はじゃんけんが好きで、雄介だけに留まらず、不特定多数の人々にジャンケンの勝負を挑んできた。
 しかも運と勘が優れていて、彼女がジャンケンで負けることは滅多にない。
 だが彼女は、雄介にだけは負けてしまう。今の勝負もハニーがパーなのに対し、雄介はチョキで勝つことが出来た。
 当然である。何しろ雄介は、曲がりなりにも未来からやってきた人物だ。
 ハニーがどのタイミングのジャンケンでどれを出すのか、全て覚えているのだ。

「君強いー! 反則だよぉ」
「知るか。お前が弱いだけだろ」
「ぶーぶー!」

 ハニージャンケンでないだけ、まだマシか。雄介はじゃんけんを彼女と交わす中で、ずっとそう思っている。

 そのハニージャンケンと言うものは、まずハニーが高確率で勝つ。
 すると彼女が出したジャンケンの種類より、グーなら岩石落とし、チョキなら斬首、パーなら身体の破裂のいずれかが相手に発動するという、何とも恐ろしいジャンケンなのである。
 彼女のこの能力を、彼は何よりも恐れてきた。
 元々ハニーは雄介に危害を"全く"加えないのでいいが、彼女が敵に容赦なくそれをやっているところを見ていると、傍観者でもどうしても首筋には冷や汗が流れるというものだ。

「あ、学校に遅れちゃう! 早く行こうよ!」
「おう。ちと急ぐか」

 ハニーは年齢からしてまだ中学生で、雄介は既に高校生。だが通う場所は一緒だった。
 曽我宮高等学校の正式名称は"国立曽我宮学園"といい、小学校から大学、さらには各専修学校までの学び舎が全て一緒になっているという、世にも珍しく世界的にも有名な学校なのである。
 ハニーと雄介は偶然にもこの学校に通っていて、朝はほとんど毎日、一緒に登校している。

 じゃんけんでのんびりし過ぎ、時間がなくなってしまった。
 2人は走って学校へ向かった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.10 )
日時: 2014/07/23 16:01名前: モンブラン博士
もうひとりキャラを投稿します。
ハニーちゃん、すごく可愛いくかけています!さすがはキコリさんです!

名前:ドギー=ブルディ
性別:男
年齢:18
出身国:イギリス
容姿:赤い髪にいかつい顔、筋肉質な大男
性格:ワイルドで後輩の面倒見がいい心優しい兄貴分。頭脳派な一面もあり、怒らせたら手がつけられない。
武器:格闘
能力:クロー&タスク
分厚い鉄板を軽々と引き裂く鋭く長く頑丈な爪とコンクリートもかみ砕く牙を生やす。その引っ掻きは一撃で敵の骨までえぐるほど強力。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:ロック
檻を出現させ敵を封じ込める
ジャックハンマー
巨大な鉄球を出し、敵を攻撃する
リード
犬がはめているリードの巨大バージョンで敵を拘束する。
消化液
消化液を吐き、敵を溶かす。
敵?味方?:味方
仲間割れや寝返りok?:なし
死亡や大怪我ok?:大けがはあり、死亡はなしでお願いします。
備考:異名は「番犬」。一人称は俺か私。校内屈指の実力者の呼び声が高い。野太い声をしている。
SV:「俺が相手になってやる!!」
「この私が爪と牙を出した時、お前は終わる。ウオオオ!」
「ガッハッハッハッハ!この俺にかかればこんなものだ」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.11 )
日時: 2014/07/23 20:23名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 雄介は大急ぎで、それでいて落ち着いたように教室に入る。
 既に朝のホームルームが始まりかけていたが、まだ挨拶前とのことで、どうやら何とか間に合ったらしい。
 これも全てこういった結果であることを知っているからこそ、落ち着いたように行動が出来る。

「はやく席つけ。転校早々遅刻など、このワシが許さんぞ」

 それでも担任は頭が固く、退職一歩手前の老人である。
 雄介はまた溜息をついた。ハニーの事といい、何故こうも朝っぱらから疲れなければならないのだろうか。
 毎度の事ではあるが、こればかりは流石に慣れない。いい加減に早く慣れたいところだ。

 やがてホームルームが終わり、教室は再びガヤガヤと騒ぎ始めた。
 ホームルームが終わってからは、授業開始まで5分くらいの時間がある。所謂トイレ休憩のようなものだ。
 そうして本でも読もうかと手を伸ばし、序に時計を見る雄介。

『そろそろだな』

 時計の針を見て、雄介は一度手に持った本を再び手放した。
 授業開始前3分になったとき、自分は裏世界にワープしてしまうと彼は知っている。
 皆には気付かれないよう、臨戦態勢に入った。

 "裏世界"
 それは現実世界のパラレルワールドのようなもので、中は迷宮のような構造をしている。
 裏世界の見た目は現実世界と変わらない。違うところは、魔物というべき化け物が跋扈していることと、人がいないこと。
 何の前触れもなく突然空間に"歪み"が発生したら、そこは裏世界への入り口であることを告げている。
 特徴として厄介なのは、人を勝手に取り込んでしまうことだ。
 脱出するには仕掛けを解いて先に進み、発生したその裏世界を司る強敵――所謂ボスを倒すしかない。

 雄介は、このタイミングで歪みができることを知っている。
 だが彼は、ここで歪みから逃げるような真似はしなかった。
 過去の因果で一度、歪みから逃げたことが原因で取り返しのつかない事態を招いた経験がある。

「ゆ、雄介! おい! ボサっとしてんな! 歪みだぞ歪み!」

 クラスメイトが急かす中、雄介はその場から動こうとしない。
 ただゆっくりと、手の内にカードのデッキを握るだけだ。
 デッキとなったカードは彼の武器であり、身を守る盾でもある。
 人間が裏世界へ飛んでしまうことが珍しくない昨今、人類は何かしら身を守る術を身につけている。
 そのうちの魔法という存在は人類が発明した技術であり、超能力は人類が進化して生まれた存在といえる。

「歪み? それがどうした。歪みとか、さっさと解除すればいいだけの話だろ」

 雄介は、引き裂かれて出来た青い空間に吸い込まれていった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.12 )
日時: 2014/07/24 00:46名前: あるねーる ◆ntrCx9.D9Q
名前:比賀 雅臣(ひが まさおみ)

性別:男

年齢:17

出身国:日本

容姿:着崩さず、飾り気のない高校指定のスラックスとYシャツ姿。
髪は黒。瞳は濃い茶色をしていて、冷たげなすらっとした顔。

性格:冷静沈着、どのような状況でも優先すべきこと、捨てるべきものを判断し、それを実行することに一切の疑問を持たない。
そんな性格なので冷たい人と言われることも多いが、言いたい奴は言わせておけばいい、という理由であまり気にしていない。
ただ、敵意を表さずに様な人にはそれなりにフレンドリー。普段が低めなだけにこの辺りで周囲の評価を上げている。

武器:なし。ほぼ能力で対処し、無傷で帰還することを是とするため。


能力:存在否定者(パサー) Passer:通行人
『拒絶』の意志の力を目に見えない風のようなものとして具現化し、それを用途によって操ることができる能力。
けして相容れず、摩擦のあまり相手が壊れても気にも留めずただ流れ続けるのが拒絶。
ゆえに何物からも干渉は受けず、この世のどれよりも頑健で触れたものを容赦なく弾き返すエネルギー。
寒さの無い剛風のようなものなので殺傷能力はない上、物体に対しては無力。生物のみに通用する力。

魔法タイプ:特殊型

奥義:
【邪魔臭い、黙れ】《リジェクション・ヴォイス》Rejection:拒否
拒絶の意志を雅臣の声や足音に乗せ、反響させる事で相手の声や立てる音を消す。
話しているはずなのに声が出ていない、というときはこの技の効果範囲にいる証拠。

【お前の都合なんぞ知るか】《リジェクション・エリア》
相手の攻撃に限らず、人体や存在そのものを拒絶するバリアを張る。
能力の影響であってもバリアの表面上で弾き、雅臣自身には通させない。その間に雅臣は歩いていくだけ。

【くだらねぇもん創ってんじゃねぇ】《リジェクション・ハンド》
相手の能力により作り出された、あるいは作り出す途中の物に対し、拒絶の意志を塊状にしてぶつけ、破壊する技。
どんな大きさの物、どんな強度の物、どんな威力を秘めたものでも破壊できるが、
イメージとしては完成品を平手で叩き壊すようなもの。

【どこか別のところでやれ】《ブリーチ》Breach:絶交
雅臣の眼前、邪魔をする人間に対し拒絶の意志をぶつけ、少なくとも一千km以上の距離を取らせる技。
傍目からは吹き飛ばされているように見えるが実は強制的に移動させる技であり、時速120kmを超える速さと対象が泣き叫んでいるのでそう見えるだけ。
ちなみに出発点から到着点までの間の障害物は避けることができない。
ビルにぶつかろうが山にぶつかろうが移動し続けるので当然ながら対象者には傷がつく、または死亡することもあるが彼の知ったことではない。


敵?味方?:敵にも味方にも入らない、ただの第三者っていうのはアリでしょうか?
仲間割れや寝返りok?:どのチームにも入れない気がしますが、OKで
死亡や大怪我ok?:OK

備考:
化け物にも、能力者というだけで戦いを挑んでくる人間にも心を乱されず、
ただ普通の高校生のように平穏な日常を送りたい。という考えの持ち主。
それ故自分の能力を奢り、人を傷つけたり破壊を行って日常を壊すような輩は大嫌い。
そういう人物の前では感情をあらわにしてしまうので制御しないとな、と常々思っている。

SV:
「おや、君はこの間の……僕は比賀雅臣。戦いじゃないのなら、歓迎するよ」
「僕のことなら大丈夫だ。早くこの空間のボスを見つけて、手早く帰ろう」
「自分に力があるというだけで、周りを見ず、力量も知らず、ただ自己満足のためだけに力を振るう人間。
 ……君のような人間が、僕は本当に大嫌いだよ」
「僕はこの道を通り、家へ帰りたいだけだ。君らの戦いには関係ない。興味もない。注目されたいとも思わない。だから、通らせてもらう」
「叫ぶな。わめくな。抗うな。下らない。君の作ったその性格も、君の能力も、思想も、姿も、全てが糞のようなものだ」




うーむ、日頃の鬱憤をぶちまけてみたらご多分に漏れず酷いキャラに……
落選覚悟、というかこんなキャラ出しちゃってすみません。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.13 )
日時: 2014/07/24 08:53名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 裏世界の内部は、見た目だけは現実世界とほぼ変わらない。
 だが実際に入ってみると、さっきまでいた場所とは違う場所にいたりする。
 現に雄介は、とある都会の真ん中に立っていた。ビルばかりが聳え立っている反面、人がいないので気味が悪い。

 雄介はこの裏世界で、今までの経験上から捜さねばならない人物がいた。
 急ぎ足で1軒のビルへやってきて、躊躇いなく窓ガラスを足で蹴り破って中へと入る。
 彼は少し急いだ。何故なら捜しだすべき人物は、この町の運命を握っている、と言ってもよいのだから。

「早速のお出ましか」

 だが、急ぐ彼を邪魔するものは当然いる。いないはずがない。
 彼の前に、3人の人間が階段への道を通行止めした。
 人間というよりは、蠢く死体、と言ったほうが正しいかもしれない。
 目の前にいる死体3人の皮膚は一部が酸にやられて溶けており、髪も伸びきっていて汚れている。
 衣服も破れたり汚れたりしていて、3人のうち1人は服を失ってさえいる。

 相手は人間の姿をしているが、雄介は躊躇わない。
 手からカードを数枚引くと、彼はそれを自分の周囲に円を描くように展開した。

「行け」

 そう一言呟けば、展開されたカード1枚1枚から、思念体となったカードの分身が出現した。
 同時に比較的ゆっくりとしたスピードで、それは強力な追尾をしながら敵に向かって飛んでいく。
 カードが当たった相手には切り傷がつけられ、力を失うまで、カードは敵の身体を抉り続けた。
 雄介はその隙に、デッキから思念体のカードを5枚ドローした。
 今度はそれらを、自分の目の前で円を描くように展開。
 すると白く輝く魔方陣が組み上げられ、無数の光弾が出現。敵に降り注いだ。

 1分もしないうちに戦闘は終了する。
 雄介は展開したカードをデッキに戻して懐にしまい、先を急いだ。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.14 )
日時: 2014/07/24 12:54名前: 梓和
名前 リン・エルエリーナ
性別 女
年齢 14
出身国 ロシア
容姿 真っ赤なドレスワンピに、赤髪のツインテール。目は赤で肌は真っ白。幼げな顔をしている。
性格 お菓子とおしゃれが大好き可愛い。誰にでも好かれるようにしているが実は残酷な性格。
武器 自分よりも大きい大剣。
能力 死の大剣
   自分よりも大きい大剣を舞うように踊らせ敵に当たるまで踊らせる。敵に当たってもリンが能力をやめるまで躍り続ける。

魔法タイプ 攻撃特化

奥義 血降る大剣。
   大剣が大量に敵に降ってくる。また、すべての剣に血が付かないとリンでも止められない。

高さビル15階だてほどの大剣が降り注ぐ。

風大剣
大剣で風を切り、その風で攻撃する。

敵?味方? 敵だったけど味方になったてきなの。ダメなら味方。

仲間割れ、寝返りok?ok

死亡や大怪我ok? 死亡以外ok

備考 幼いとき里親に虐待、学校では、いじめを受け、人が信じれなくなった。大剣は父の形見。

SV
「はろー!私リン・エルエリーナ!リンって呼んで!」
「人間の血が私にも流れてると思うと、ぞっとするよ〜!」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.15 )
日時: 2014/07/24 14:34名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 ビルの屋上まで駆け足で登った雄介。
 20階建ての高層ビルなだけあり、流石に息が切れていた。しかし、休憩している余裕はない。
 何故か前回の因果よりも遥かに敵が多かったため、あったはずの余裕がなくなってしまったのだ。

 雄介は屋上への金属扉を蹴破り、急いで周囲を見渡した。
 既に屋上には1人の少女がいた。少女は驚いた様子で、突然やってきた雄介を振り返る。
 一方で雄介は、そんな少女の反応を期している暇がなかった。
 何故なら少女の近くには、頭1つ分ほどの大きさがある水晶玉が浮かんでいたのだから。
 それを見るや否や、雄介は血相を変えて叫ぶ。

「だ、誰!?」
「朱音! そいつに触るな!」
「へ? は、はい!」

 朱音と呼ばれた少女は、訳が分からない、といった表情を浮かべたが、とりあえず雄介に言われたとおり、彼女は反射的に右手を素早く引っ込めた。

「――ふぅ」

 彼女の手はどうやら触れていなかったらしく、水晶玉は特に動きを見せない。それを確認して安堵した雄介は溜息をつき、朱音の元へ歩み寄り始める。

「――で、貴方は誰? あ、私は榊原朱音ね。何か私の名前知ってたみたいだけど……」

 落ち着きを取り戻したのか、朱音は自分の名を知っている知らない青年――もとい、雄介の正体を尋ね始めた。

「俺は上条雄介。……お前がこの裏世界に取り込まれたと聞いて助けに来た」
「あ、そうなんだ。ありがとう!」
「別にいい」

 半分嘘が混じっていたが、朱音は何も疑うことなく、雄介の言うことを信じたようだ。
 つくづくお人好しだな。雄介はそう思いながら呆れ半分に苦笑し、また溜息をつくのだった。

『"あいつ"に騙される前のこいつを助けてくれ、だったか? 全く無茶を言う……』

 雄介は古い記憶を思い出した。
 彼の脳裏に残っている、この因果へやってくる前の少女の言葉が再生される。

『過去に戻ってさ、あいつに騙された馬鹿な私を、助けてくれないかな……』

 白く何もない空間で、彼が少女と交わした約束の言葉。
 それはつまり、過去に戻って、近い未来に誰かに騙されるとある少女を助ける、という意味となる。
 その約束を交わした相手なのだが、正体はたった今、彼の目の前で笑っている少女――朱音なのだ。
 いつか過ごした因果で傷だらけになった朱音と、健全な状態で目の前にいる朱音の姿が重なる。

「どしたの?」

 くすんだ深い緑の短髪を風に靡かせながら、朱音は橙混じりの赤い瞳で雄介の黒い瞳を覗き込む。
 雄介は不意に視線を逸らした。

「いや、何でもネェ」
「じゃあ行こうよ。雄介君だっけ? 一緒にここのヌシ、倒しちゃおう?」
「そうだな」

 2人はすっかり和み、ここの裏世界から脱出することに専念した。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.16 )
日時: 2014/08/16 13:54名前: キコリ参照: 人物紹介ページ
デフォルトキャラ


"上条雄介" 男 16歳 武器:カード 能力:ドローアンドコール 魔法タイプ:特殊型

口数は多くないが、静かに燃える情熱を胸の内に秘めている青年。過去に戻れる腕輪を持つ。
多くの者が彼に抱く第一印象は"クール"であり、実際に彼はクールで無愛想もいいところ。
普段から孤高な彼であるが、人を惹きつける魅力があるのか、彼の周囲は賑やかなことが多い。

服装には特にこだわりがないらしく、着れればいいという考え方を持つ。
その所為で周囲からは「ダサい」という声が多いが、彼は気にしていない。
髪も目も澄みきった黒で、髪はどこかにいそうなホストのような髪形をしている。

獲物はカード。思念体になったカードの分身を出現させ、それを飛ばして戦う。
カードの力は多種多様で、言い出したら限がないほどの攻撃、支援、回復、防御行動を取ることができる。
ドローアンドコールはそれらの行動を取る際に使う能力。


"榊原朱音" 女 16歳 武器:拳銃 能力:チャージバレット 魔法タイプ:守備補助特化

常に周りに気を配ることが出来る優しい性格の持ち主。
お人よしで相手を疑わず、誰とでも分け隔てなく接することが出来る。
柔らかな印象を相手に与えるため、彼女が近くにいるとその場の空気が自然と和む。

赤やオレンジ、黄色など、服装はとにかく明るい色をしている。
過度の露出を気にする人であり、寒がり。故に彼女は年中長袖の服を着ていて、スカートは絶対に穿かない。
眼は赤と橙が混ざったような色をしており、髪はくすんだ緑で、ショートボブが少し崩れたような髪形をしている。

獲物は拳銃だが、まだ扱いには慣れていない。元々力が弱いので、撃つときも両手で銃を支える。
命中精度も、お世辞にもいいとはいえない。だがそこは、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる。
自身の能力で、周囲の適当なゴミなどを弾薬に錬金できるので、弾が尽きることはまずない。


オリジナルキャラクター


モンブラン博士さん投稿>>


"ハニー=アーナツメルツ" 女 14歳 武器:可愛さ 能力:ハニーじゃんけん 魔法:特殊型

イタリア生まれのジャンケン好きな少女。
ぶりっ子で天然という性格を持ち合わせているが、周辺人物たちは彼女を邪気にしている様子はない。
転校生である雄介が珍しいがってか、彼の傍らにいることが多い。

容姿端麗で年の割にはスタイルも良く、各部位の1つ1つが整っている。
その上ゴスロリなので、彼女に惚れる男はかなり多い。髪と目は金髪碧眼。

自分の容姿に自信を持っているのか、獲物はその可愛さ。
一度笑みを浮かべれば、相手が人間でなくても対象を骨抜きにしてしまうため、ある意味恐ろしい武器といえる。
一方でハニーじゃんけんは、勝てば即死級の技を放つが、相手がジャンケンできないと何の意味もないという欠点がある。


"ドギー=ブルディ" 男 18歳 武器:格闘 能力:クローアンドタスク 魔法:攻守汎用型

"番犬"の異名を持つ厳つい男。
とにかく"ワイルド"という単語が彼にピッタリであり、何気に面倒見もいい兄貴分な性格をしている。
見た目に反して頭の回転も速く、謀略に関しては最早敵なし。敵に回した場合、一番恐ろしい対象となりえる。

筋骨隆々の大男で、女性からの好みが大きく分かれる体型をしている。
特徴は何より、燃えるような赤い髪。
基本的に武器を持たないが、能力により牙と爪を生やす事が出来、それを以って戦う傾向にある。


"ジャドウ=グレイ" 男 24歳 武器:サーベル、トランプ 能力:ミストマン 魔法:攻守汎用型

騎士道精神を重んじる、ハードボイルドな男性。常に不気味な笑いを湛えている。
非常に高潔で誇り高く、卑怯が嫌い。女性には決して手を出さないという一面も。
立場的には雄介の敵だが、たとえ手柄を立てても謙遜を貫き通す。実はベジタリアンだったりする。

一切の汚れが無い白の軍服とマント、プラチナブロンドのオールバックが印象的。
武器であるトランプは、宛ら手裏剣のように投げて挨拶の代わりにすることが多い。
突然霧になったり分身したり、瞬間移動したりなど、なかなか相手に隙を見せない実力派の強者。


風死さん投稿>>


"赤沼優斗" 男 24歳 武器:アーミーナイフ 能力:剣戟の雨 魔法:攻守汎用型

冷静でまじめな人格、怖がりで人見知りな人格、殺戮衝動の赴くままに暴れまわる人格の3つを持つ人格破綻者。
後者2つの人格は家庭環境と、後天的に生まれた能力を持て余したことにより生まれた。
3つの人格が1つの身体にて毎日のように入れ替わる所為か、心の状態は非常に不安定な傾向にある。

タトゥーやピアスなどのアクセサリが目立つが、中でも印象的なのは逆巻いた赤髪。
眼もオッドアイになっていて、一目彼を見ると中々脳裏から離れない。
そんな彼の武器は刃。半透明にして飛ばしたり、小さく圧縮して1つの大きな刃を形成したりなど、戦い方は無限大。
中でも彼の能力である剣戟の雨は、一度放たれたなら、対象は死という道しか残されない。


コッコさん投稿>>


"ゼルフ・ニーグラス" 男 23歳 武器:漆黒の剣 能力:フェザーブレード 魔法:攻撃特化型

イギリス生まれの謎の男。過去や経歴などは全て不明。
考えていることはまるで読めず、クールさの面では雄介にも劣らない。
殺人鬼という異名が世間では囁かれているが、そこもまた、真偽は闇の中とされている。

黒いコートと、金髪と黒い瞳を隠すように被っている帽子が特徴。
狐のお面を被っているが、その点では最早不審者と疑われてもおかしくないほどに不自然。
彼が持つ名も無き漆黒の剣は、相手を空間ごと切り裂くという驚異的威力を誇る。
特に彼の能力であるフェザーブレードは、その空間ごと切り裂く剣を無数に発生させる鬼畜能力である。
彼と遭遇したならば、最早命は無い。


あるねーるさん投稿>>


"比賀雅臣" 男 17歳 武器:なし 能力:存在否定者 魔法:特殊型

争いを拒絶する青年。冷静沈着で冷たく、自分の行動に疑問を持たない。
だがその裏では、平穏で高校生らしい生活を送りたいという願いがある。
一方で敵意を表さない人に対してはフレンドリーであり、陽気に振舞う面も。

容姿には特に特徴が無く、高校指定の制服を着崩さずに着ている。
髪も校則に違反しない程度の長さの黒髪で、眼はこげ茶色。ただし顔だけ、冷たそうな表情を常に浮かべている。

彼は無傷での帰還を是とするために武器を持たない。
故に彼はあらゆる"拒絶"の意志を具現化し、鉄壁の防御を展開することが出来る能力を持つ。
魔法も、能力の促進を促すものばかり。


梓和さん投稿>>


"リン・エルエリーナ" 女 14歳 武器:大剣 能力:死の大剣 魔法:攻撃特化

お菓子とお洒落を誰よりも愛する、ロシア生まれの少女。
里親からの虐待といじめが原因で人間不信になってしまった。
それ故、誰からも好かれるようにしていても、中身は残酷で冷徹。敵には一切の容赦をしない。

長髪を2つに結っており、ドレスワンピースを着ている。
それらは眼を含め、全て赤い。
まるで彼女の"中身"を表しているかのように。

顔立ちも体躯も幼いとはいえ、大剣を容易に振り回しているので力は侮れない。
能力や技でさえ、その大剣の雨を降らせたり超巨大な大剣を落としたりと中々危ない。
人間は見た目だけで判断してはならない。彼女という存在は、その教訓を示すいい例である。


旅人さん投稿>>


"ニコ=フラウツ" 女 15歳 武器:呪われた右目 能力:呪いの目 魔法タイプ:特殊型

普段は天使のように優しく穏和だが、敵を前にすると性格が明らかに変貌する少女。
突然戦闘狂になり、考え方も残酷になる。その代わり様はまるで、堕落した天使のよう。

容姿は彼のハニーにも負けず劣らず華奢で端麗。
ノースリーブワンピースを着ており、頭の髪飾りに使用している、枯れることを知らない花がチャームポイント。
全体的に小柄で、笑顔もそのまま天使としか言い表せないほどに美しい。
彼女の右目には呪詛がかかっていて呪われており、こののろいを持って敵と戦う。
その特性上、左目が明るい茶色なのに対して右目だけ深い藍色になっている。


愛深覚羅さん投稿>>


"ロコ" 男 18歳 武器:大斧 能力:身体強化 魔法タイプ:特殊型

大雑把でのんびりとしたスペイン生まれの青年。基本的に陽気で軽薄だが、戦闘狂の癖がある。
深緑の髪に緑の目と、少し珍しい組み合わせの色素を持っている。
服装がかなりちぐはぐだが、戦闘スタイルとのことで本人はこの恰好を全く以って譲らない。
武器の大斧は大きいので、普段は裏世界とは異なる異空間に投げ入れている。

アドレナリンが過多気味で、普段戦闘を行っている際は痛みを全く感じないという体質を持つ。
しかし一定時間が経過すると、まるで糸が切れたかのように動かなくなる。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.17 )
日時: 2014/07/24 21:30名前: モンブラン博士
すみません。最後にこのキャラだけは投稿させてください。これが最後のオリキャラ応募です。

名前:ジャドウ=グレイ
性別:男
年齢:24
出身国:ポーランド
容姿:プラチナブロンドのオールバックに黒い瞳で無表情な顔に白い軍服と白マントが特徴。
性格:ハードボイドで騎士道精神を重んじ、負けを潔く認めるなど高潔な一面もある。非常に誇り高く女性には手を出さない。紳士の中の紳士。渋くてカッコいい悪。
武器:サーベル&トランプ
能力:ミストマン
自由自在に霧に変化できる能力。敵の攻撃を受け流すのに使用することが多い。
魔法タイプ:攻守汎用型
奥義:ジャドウ影分身
その名前の通り多数の分身を作り敵の目をかく乱させる。
ジャドウムーブ
白マントを翻すことで瞬間移動ができる
バラの花園
触れると爆発する赤いバラの花をまき散らす。美しくも危険な奥義。
トランプ手裏剣
トランプを手裏剣のように飛ばして攻撃する。
あいさつ代わりに使う。
敵?味方?:敵
仲間割れや寝返りok?:OK
死亡や大怪我ok?:OK
備考:常に「フフフフ」と不気味な含み笑いをしている。声も非常に低音で渋く人を虜にする声質の持ち主でもある。好物は熱いコーヒー。たとえ手柄を立てても自慢しない謙虚さも持つ。ベジタリアン。卑怯が大嫌い。
SV:「フフフフ…俺はジャドウグレイ。一勝負願おう…フフフフ」
「お前の実力はその程度のものなのかね?」
「お嬢さん、俺には近づかないほうが身のためですぞ」
「俺の生きがいは命を懸けた決闘。強きものと闘うこと…それだけにすぎぬ」
「お前は違いのわからない男だ。俺と違ってな」
「俺は決闘が恋人でしてね。そのお気持ちだけありがたく受け取っておきますよ」
「これが俺流のあいさつだ」
「俺は自らが敵に対し卑怯をした場合は、その場で自害すると心に決めている。正々堂々闘おう。一対一でな」

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.18 )
日時: 2014/07/24 22:19名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs参照: トリップが消えていた! 何故だ!
 雄介と朱音はビルを出て、現れる敵を倒しながら周辺を探索していた。
 どこかに、見えない仕掛けを解くスイッチがあるはずだ。そう信じての上で。

 その間に出てくる敵なのだが、依然、件のゾンビのような敵しか出てきていない。
 敵がずっと同じものしか出てこないなら、その対処法だってずっと同じことばかりを繰り返すこととなる。
 この作業のように単調な戦闘展開に、雄介はそろそろ飽きてきた。ゾンビを相手にして特に体力を消耗するわけでもない。
 朱音も、戦闘の経験こそ浅いと見受けられるものの、彼女はまだ護身くらいなら出来ている。
 つまり経験を積んだ雄介にとって、この裏世界は"退屈"以外の何者でもないのだ。

「あー、何でこうも同じ敵しか出てこねぇんだ」
「はぁ、はぁ……つ、疲れた……」
「拳銃なのに、か?」
「拳銃だから、だよ! もう、腕が疲れちゃった……」

 朱音は拳銃で自分の身を守ってきたが、敵は必然と弱い相手を狙うため、彼女は疲れきっていた。
 さらにその拳銃は引き金の重さがそれなりにあり、反動も強く、大口径という上級者向けの仕様になっている。
 まだ拳銃の事は差し置いたとしても、命中精度が悪い素人には到底扱いきれないことだろう。
 証拠に朱音は、拳銃を両手で支えていた。

 その上級者向けの拳銃なのだが、彼女は少なくとも雄介が見ていた限りでは、一度も弾薬のリロードをしていない。
 一体どういう仕組みになっているのか。彼は気になり、聞いてみることにした。

「朱音」
「なあに?」
「その拳銃、仕組みどうなってるんだよ? 弾薬のリロードしてなかったろ?」
「あー……あはは。それはねぇ、私の能力なの。弾がなくなるとね、無意識の内に錬金して出来上がるんだよ」
「あぁ、能力か」

 能力と聞いて、雄介は納得がいった。
 人類の数だけ種類があるといわれる"超能力"ならば、そのような事があってもおかしくはない。
 だが、1つだけ引っかかることがあった。朱音の口から零れた"錬金"という単語についてだ。

「でも……錬金?」
「等価交換って知ってるでしょ? 私はそこら辺のゴミとかで弾薬が作れるの」
「すげぇな……」

 錬金という言葉は知っているし、勿論今も人類が使える能力の1つである。
 ただ、実際に錬金術を駆使できる人物は少ないので、こういった形であっても錬金が出来る人に遭遇したことはなかった。
 そういえば、朱音は近い将来に錬金術師になるんだっけか。雄介はここに至って思い出した。
 前までいた因果では特に彼女の能力に疑問を抱いていなかったが、今になって思えば不思議な力である。

 もしかしたら、過去を――もとい、未来を変える術(すべ)はここにあるのかもしれない。
 そう思いつつ雄介は、自分の手を引く朱音にすんなり引かれながら、先へと進んでいった。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.19 )
日時: 2014/07/25 23:53名前: 梓和
キコリさんすごいですね!
あんなに綺麗にまとめるなんて!!

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.20 )
日時: 2014/07/26 22:24名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 やがて2人はボスと相対した。
 したのだが、そのボスは瞬く間に力尽きてしまって少し拍子抜けだった。
 いくら雄介が使ったドローアンドコールで、たまたま"生命封印の呪詛"が出たからとはいえ。

「凄いね、雄介君。こんなおっきなボス、一撃で倒しちゃうなんて」
「い、いや……たまたまだ」

 朱音は唖然としながら、一切の外傷がないボスを眺めている。
 因みにそのボスなのだが、正体は今まで出てきたゾンビの巨大バージョン。
 ただ攻撃範囲が広くなっただけで、行動の仕方は一切変わっていなかった。
 ここもまた、拍子抜けの要素のひとつであるといえよう。

「おいおい、油断してんじゃねぇ」
「?」

 朱音は気を引き締める。
 だが、その言葉を放ったのは雄介ではなかった。

「!?」

 何か危険を察知した雄介。
 素早くカードをドローし、巨大化させて強化硝子の盾を展開。

 刹那、半透明状の刃が無数に盾に向かって降り注いだ。
 果たして受けきれるだろうか。心配になった雄介だが、杞憂だったらしい。全て防げた。
 ただ、刃が降り注ぎ終わるのと同時に、それら全てを防いでいた盾はあっという間に壊れた。
 雄介は震える朱音を背後に控え、刃が飛んできた場所がどこか、目を凝らし始める。
 数多の刃の雨。あんなものが当たったらひとたまりもない。
 その前に仕留めようと決めたのだ。

「誰だ!」

 雄介が吼える。
 すると突如、ストっという小気味良い音と共に、上空から1人の青年が降りてきた。
 オッドアイに逆巻く赤髪が、雄介の脳裏に強烈な印象を焼き付ける。

「さーて、ショータイムの始まりだァ!」
「なんだコイツっ!?」

 今度は不意打ちよろしく、降りてきた青年の周囲に、何処からともなく現れた無数の細かい刃が集まりだす。
 刃はやがて、大きな1つの巨大な刃となった。
 それは人間どころか、下手すればある程度のボスなら一刀両断できるほどの大きさがある。
 それほどの刃を前に、雄介は冷や汗をかいた。それでも彼は平静を装う。
 しかし、前にいた因果までこの青年の姿はなかったはずである。強烈な疑問が胸に渦巻く。

「いきなり何だ、この殺人鬼が」

 雄介は再びカードをドローし、その刃に対抗できるだけの大きさを持つ盾を展開。
 しかし、青年は躊躇わない。まるで人殺しを楽しんでいるかのような目つきで、刃を飛ばした。
 刹那、大きく嫌な音を立てて刃は盾にぶつかった。飛ぶスピードがかなり速かったらしい。

「ぎゃははははは! ****死ねえええぇぇぇ!」

 青年の声に呼応したのか、刃の切削力が大きく上がった。バキッと音がして、盾に亀裂が入る。

「っ!」

 雄介は攻撃を仕掛けようとして、既に行動を開始していた。
 もう防御は間に合わない。

『仕方ねぇ……』

 雄介は仕方なく、時の腕輪に手を掛けた。
 ここで自分が死んでは、身も蓋もない。今までやってきたことが、すべて無駄になるのだから。
 しかし、時の腕輪を発動させる必要はなかったらしい。
 青年がいきなり怯えだし、巨大な刃を象っていた細かな刃がボロボロと崩れ、消え始めたのだから。

 攻撃対象から攻撃意思が消え、雄介と朱音は大きく溜息をつく。

「全く、死ぬかと思ったぜ」
「た、助かったぁ……」

 朱音は目に涙を浮かべて安堵している。
 一方で雄介は警戒を解かず、青年に歩み寄った。

「テメェ、人様にいきなり攻撃しかけてきた罪がどれだけ重いか、分かってんだろうなぁ?」
「く、来るなぁ!」
「?」

 ここで雄介は、妙な疑問を抱いた。青年の様子が、明らかにおかしいのだ。
 先ほどまで邪悪な笑みさえ湛えて自分たちを殺しにかかっていたのに、今やその面影は微塵もない。
 怯え方が異常なのだ。まるで対人恐怖症のような。その変わり方も、まるで多重人格者のようである。

『ん? 多重人格者? あぁ、そうだ。その答えがあったか』

 雄介は納得がいった。
 多重人格ならば、このような人格の変動があってもおかしくない。

「全く、おかしな奴だな。朱音、行くぞ」
「う、うん。でもこの人、置いて行っちゃっていいのかな……」
「一度俺達を殺しにかかったんだ。助ける義理なんぞ欠片もねぇ」
「そ、そりゃそうだけど……」

 朱音はどうやら、その青年を置いていくことに納得がいかないらしい。
 それでも雄介は先へと進み、現実世界へと出れるワープ装置に向かった。
 仕方なく朱音も、それに引っ張られるようにしてついていった。


   ◇ ◇ ◇


「……私はまた、やってしまったのか」

 その後、残された青年は独り言を呟いて、どこかへと姿を消した。
 "赤沼優斗へ"と書かれた手紙の存在を忘れて。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.21 )
日時: 2014/07/27 00:01名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 その後雄介と朱音は、無事に裏世界から脱出することに成功した。
 脱出して出てきた先は、曽我宮学園の高等学校棟にある体育館のピロティー。
 風がいい具合に抜けていく構造になっていて、吹き抜けるそれが心地よい。
 そんな見慣れた光景を見て安堵してか、雄介は全身の力が抜け、その場に膝をついた。
 朱音が見兼ねて、彼の様子を視察し始める。だが特に何もない。おそらく、ただの疲れだろう。

「だ、大丈夫?」
「問題ない。疲れただけだ」
「そ、それならいいんだけど……えっと、ここは……?」
「あぁ、そうか。お前、この学校の生徒じゃないんだったな」

 そうだ。朱音は曽我宮学園の生徒ではない。
 だから彼女はここにいるべきではないし、いたらいたで不法侵入になる。
 雄介は立ち上がり、朱音に向き直った。

「ここは曽我宮市だが、家まで帰れるか?」
「そ、曽我宮? ごめん、知らない」
「そうか……」

 既に雄介は、朱音が何処に住んでいるのかを知っていた。
 言うまでもなく、彼は未来から来たからである。
 だが、彼女を送っていくようなことはしない。何故ならその選択は、過ちの1つなのだから。
 雄介は仕方ないので、職員室へ行くことにした。
 時間的には3時限目の真っ最中。人目はそうはないだろう。


   ◇ ◇ ◇


「失礼します」
「一体どうし……!?」

 数少ない教師全員が雄介を振り向く中、一切の例外なく彼らは驚いていた。
 彼の隣にいる少女が誰か、気になるらしい。

 雄介は教務に事情を説明し、一先ず朱音の身柄を預けることに成功した。
 これから彼女には様々な質問が飛ぶのだという。彼女は雄介に礼を言い、そのまま別れた。


   ◇ ◇ ◇


 授業中にいきなり教室の扉が開けば、必ずや全員がそちらに注目するに違いない。
 雄介は入るのに躊躇いが生じたが、ここで入らねば、貴重な単位を落とす破目に陥りかねない。
 仕方なく、彼は教室に入ることにした。折角なら、景気良く派手に行こうではないかと思いながら。
 扉に手を掛ける。

 ガラガラッと途轍もなく大きな音を立て、扉はしっかりと開かれた。
 比較的古い扉なので、音はさらに大きいものとなる。
 中でノートをとっていた生徒、寝ていた生徒、黒板に文字を書いている先生。
 そのうち一切の例外なく、みんなが驚いて、いきなり入ってきた雄介のほうを見た。
 先生に至っては、チョークを落としてしまったらしい。

「ゆ、雄介!?」
「――――よう。無事裏世界から戻って来れたぜ」
「う、裏世界にいたのかね、君は」
「えぇ、その通りです」

 半ば自暴自棄気味に雄介は応え、そのまま席へ着席し、机に突っ伏した。
 寝てしまっては折角の単位も履修出来たことにはならないのだが、もうその時点では単位を気にしていなかったのだとか。
 その後は授業が終わるまでずっと眠っていたと、後に彼のクラスメイトの1人が語っている。

メンテ

 Re: 三千世界の軌跡-Hope of glow-キャラ募集 ( No.22 )
日時: 2014/07/27 09:23名前: キコリ ◆yy6Pd8RHXs
 授業が終了してクラスメイトに起こされた雄介は、眠い目を擦りながら学生会館まで来ていた。

匿名 2014年08月17日 (日) 02時45分(339)


書き込む
Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板