せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

投稿フォーム
名前
タイトル
タイトル背景
内容
文字色
画像


URL
削除キー 項目の保存
このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください
海賊(日常・買出)
name:光<ひかる>  Date:2013年07月06日 (土) 12時24分 No.269

海賊(日常・買出)

光「おや?。」
マ―ベラス「どした?、光。」
光「ジョ―とアイはどうしたんだえ?。」
ドン「あの2人なら買出しに行ってるよ。」
光「だが、遅い、迎えに行って来る。」
ルカ「行ってらっしゃい。」
―――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ガレオンから降りた、光はジョ―とアイムを探しに公園を歩いて居た、すると何処からか聞覚えが在る声が聞えて来た
光「此の声はジョ―とアイ?。」
「フッ・・・・・・・・・。」
―――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
光「(何だ、あの下衆共は?、ジョ―とアイムにチョッカイを出してるみたいだな、嫌がってる、ジョ―とアイムに無理矢理迫るとは命知らずも良い所だ、懲らしめるか)。」
公園に来た、光はジョ―とアイムが男達と女達にチョッカイを出されて居るのを見付け、光はあの男達と女達を懲らしめる事に決め、男達と女達に近付いて行った、そして、此の男達と此の女達は此の後に光に喧嘩を売った事を後悔する事に成るのだから
光「おい、何をしてるんだえ?。」
男「あ゛ぁ!、・・・んだ、テメェ。」
するとジョ―とアイムの正面に立つ男と女の肩越しに光が居た、強い腕の力で男と女の肩を掴み、睨み付けて居た
ジョ―「・・・光。」
女「ちぇっ!、友達ちゃん・・・・・・手放してよ。」
男「此の2人は俺達と遊ぶんだよっ!、引込んでろっ!。」
其の瞬間、光の中で何かが爆発した
光「引込むのはそっちだろうが、下衆共が、其れに汚い手でジョ―とアイに触るなっ!。」
其の間々、ジョ―とアイムの肩を掴んでる、男と女の腕を掴み投げ飛ばす
女「きゃっ!。」
衝撃で男達と女達は尻餅を着いた、ジョ―とアイムは光の背中に匿われる形に成った、眼の前に広がった、黒い皮製のジャケットのみ
男「・・・・・・!、・・・のヤロォっ!。」
尻餅を着いた男達の1人が光に殴り掛って来た、近付く男の腕を払い、其の間々男の顔面に一発入れる、男が物凄い勢いで吹飛んだ
光「遣るなら纏めて懸かって来い、相手をして遣る。」
残った、3人の男は一瞬たじろぐが、相手は女1人で数の上で有利とばかり、光に飛掛って来た
―――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あっと言う間の出来事だった、容易く男達の攻撃を避けたかと思うと次の瞬間には刀の如く鋭い一撃と鋭い蹴りが光の腕と足から繰出された、しかも片手と片足だけでである
男「ひぃいっ!?、タンマっ!!!。」
男「わ、悪かったっ!!!。」
男「猛止めてくれぇっ!!!。」
女「ご、御免なさいっ!!。」
女「此の2人には手を出しませんからっ!!。」
光「なら、さっさとジョ―とアイの前から消え失せろ・・・、又、ジョ―とアイの前に姿を現したら、今度は冗談抜きで殺すぞ?。」
「ギロッ。」
男達「う、うわぁあ〜〜〜っ!!!。」
女達「き、きゃぁあ〜〜〜っ!!。」
光の殺気と狂気が籠った蛇と同じ瞳孔が縦長の冷たい鋭い瞳の睨みと殺気が籠った低い声を聞いて、男達と女達は情けない声を出しながら、公園から姿を消した、残ったのは光とジョ―とアイムだけだ、光は未だ収まらない怒りを鎮め様と一つ息を吐くとジョ―とアイムに振返った
光「怪我はなかったかえ?。」
アイム「えっ?、あっ、はいっ!////、大丈夫ですっ!////。」
光「顔が紅いぞえ?」
ジョ―「だ、大丈夫だっ!////、・・・其の、光の動きが・・・・・・余りにも綺麗だったから見惚れてた。」
光「何?。」
アイム「あっ!、私とジョ―さん、済みませんっ!、変な事を言ってしまってっ!。」
ジョ―とアイムの言葉に光はフッと息を吐き、ジョ―とアイムは顔を真っ赤にした
2人「(俺{私}達2人は何て事をっ!、助けて貰ったのに・・・見惚れてただなんて)。」
ジョ―「済まないっ!!、変な事を言ってしまったっ!!、わ、忘れてくれっ!!。」
光「否・・・・・・。」
気恥ずかしさがジョ―とアイムを包む、光はジョ―とアイムの頭に手を置いた
光「・・・謝らなくて良い、別に悪い気はしては居らぬ。」
「すっ。」
「くるっ。」
光「帰るぞ。」
2人「あぁ{はい}。」
光が歩き出すとジョ―とアイムは

Pass


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板