せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

投稿フォーム
名前
タイトル
タイトル背景
内容
文字色
画像


URL
削除キー 項目の保存
このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください
海賊(子供・日常・命日)
name:光<ひかる>  Date:2013年07月07日 (日) 10時24分 No.276

海賊(子供・日常・命日)

【―――部屋―――】
光「今日は6月9日か・・・・・・。」
自室のベッドに座って、壁に掛かってる、カレンダ―を見て、今日は6月9日だと言う、光、そして、光の顔には悲しさが在った、今日は6月9日の御話です
――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何時もは光達3人とマ―ベラス達7人にべったりな一護だが、在る日だけマ―ベラス達7人にくっ付かず、光にくっ付く日が在る、其れは6月9日、自分の両親の命日である、光は一護に起されると起きて、一護を抱上げ、一緒に居住区に行く、何故そう成ってるかと言うと朝起きて来た、一護はマ―ベラスに連れられて起きて来た、其処には光以外の6人が起きてた
ジョ―「お早う、一護。」
一護は其れには返事をせず、キョロッキョロッして居る
マ―ベラス「どうした?。」
一護「ヒカは?。」
ドン「?、未だだけど・・・・・・。」
ルカ「一護?。」
サマエルが光を呼びに行く、暫くすると光が遣って来た、そして、一護を抱えて、何時もの椅子に座った
アイム「何でしょう?、どう言う事ですか?。」
光「・・・今日は駄目なんだ・・・。」
鎧「えっ?。」
タナトス「光も来た、朝食にしよう。」
マ―ベラス達7人の隣に居た、タナトスがそう言うと皆、席に着いた、何時もならマ―ベラスとジョ―の間に座るが、光から離れません
バスコ「一護ちゃん、マベちゃん達2人の間に座らないの?。」
一護はイヤイヤと言いながら首を振ります
光「構わん、一護の渡してくれ。」
マ―ベラス「あぁ。」
そう光に言われ、マ―ベラスは一護のブレ―ドを渡した、光は其れを受け取ると・・・・・・・・・・・・・・・
光「ほら、朝食喰うぞ。」
そう光が言うと一護は小さな声で
一護「いっしょ?。」
光「あぁ。」
一護は其れを聞くと膝の上に乗った間々自分のフォ―クで食べ始めた、マ―ベラス達7人は戸惑いながら食べ始めた
――――――――――・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食事が終って、サマエルとタナトスは食器を洗いに台所に行き、一護は光から離れなかった、絵本を読むのも御菓子を食べるのも光の膝の上で行って居た、暫くすると御昼寝をしてしまった、光は自分の膝の上で眠ってる、一護の頭を撫でた
ジョ―「どう言う事だ?。」
光「・・・今日は駄目なんだ・・・。」
ドン「どうして?、何時もは僕等7人にベッタリだよね?。」
ルカ「少し寂しいわね・・・。」
アイム「光さん・・・。」
光「・・・今日は6月9日、一護の両親の命日だ。」
そう言いながら、光は自分の膝の上で眠ってる、一護の頭を撫でた、其れを聞いた、マ―ベラス達7人は驚いた
光「・・・・・・一護が人間だと言う事は話したな、一護の両親は自分達2人を恨んで居た者達が起した火事に依って、一護を守った間々死んだんだ、其の時、一護の両親は地獄に来た、一護の両親は生きて居た赤子だった一護を妾の両親に預け、育てて欲しいと頼んだ、妾の両親も一護を自分達2人の子の様に育てると言い、2人は天へと行った、父さんも母さんも妾達も一護を大事に育てた、・・・例え、其の現場を見てなくても、自分の両親が居なく成ったのは覚えてる・・・・・・。」
サマエル「・・・ええ、御両親が居なく成ってからも一護様は泣いてました、パパはどこ?、ママはどこにいったの?と・・・。」
タナトス「未だ、此の年じゃ親に甘えたい時期だからな・・・。」
光「・・・だから、此の日だけは駄目なんだ・・・。」
一護「・・・ヒカ、サマ、タナ・・・どこにも・・・いかな・・・い・・・で・・・。」
そう寝言を言って、一護はギュッと光の服を掴んだ
光「・・・何処にも行かないから・・・・・・・・・・・・安心しろ・・・、ゆっくり眠れ。」
そう言った、一護の背中に腕を置いて、一護の頭を優しく撫でて遣る、光の顔は穏やかな顔をして居た、マ―ベラス達7人が一護の周りに来て・・・・・・・・・・・・・・・
鎧「俺もずっと一緒ですよ・・・。」
バスコ「俺もだよ・・・。」
マ―ベラス「俺もだ・・・。」
ジョ―「あぁ、俺もだ・・・。」
ドン「僕も・・・。」
ルカ「あたしも・・・。」
アイム「私もです・・・。」
すると一護は笑った顔に成り眠った

Pass


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板