せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

投稿フォーム
名前
タイトル
タイトル背景
内容
文字色
画像


URL
削除キー 項目の保存
このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください
海賊(子供・日常・鮫)
name:光<ひかる>  Date:2013年07月13日 (土) 12時54分 No.284

海賊(子供・日常・鮫)

一護「あっ、ヒカなら在る食料を捕りに行くって言って、海に行ったよ。」
7人「在る食料か{ですか}?。」
一護「うん。」
サマエル「多分、あれですね。」
タナトス「あぁ。」
ガレオンに光が居なかったので何処に行ったのか、訊いてみると光は在る食材を捕りに行くと言って、海に行ったらしい、サマエルとタナトスはあれだと言った、あれだと言った、光が捕りに行った在る食材とは海に居る、在る生物だった、すると・・・・・・・・・・・・・・・
「フッ・・・・・・・・・・・・。」
光「ひゃらいま<只今>。」
一護「あっ、ヒカ、御帰り・・・・・・って、ワオッ!?。」
2人「!?。」
7人「うわ{きゃ}っ!?。」
光「んっ?。」
「パチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッパチッ。」
ガレオンに帰って来た、光、そして、特殊な糸で縫った耳迄裂けた口に咥え、両手に持ってた物を見て、其れに驚く、一護とサマエルとタナトスとマ―ベラス達7人、光はキョトンとした顔をして、パチッパチッと瞬きをする、そう、光が海に行って、捕って来て、特殊な糸で縫った耳迄裂けた口に咥え、両手に持ってた物は何と鮫だった、其れも4匹、全部、凶暴な鮫とも言われてる、鼠鮫だった、そう、光が海に行って、捕りに行った、在る食材とは鮫の事だったのだ
光「どうひらんらえ?<どうしたんだえ?>。」
マ―ベラス「どうしたんだえ?じゃねぇよっ!。」
ジョ―「鮫は咥えて、両手に持ってるんだっ!?。」
光「あぁ、ほれはえ?、ひひゃまらひひゃひゃにんがふはひれをふいたいっへいっへひらはらふみにいっへもふっへほっへひた<是かえ?、貴様達7人がフカヒレを喰いたいって言って居たから海に行って潜って捕って来た>。」
ドン「どう遣って捕ったの?;。」
光「もひろんふででら<勿論素手でだ>。」
ルカ「

Pass


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板